2013年 04月 28日
♪ポルトガルの旅・・・(その5・・ロカ岬からシントラへ♪)
5日目:スペインからポルトガルのリスボンに戻ります。
途中、昼食は、外庭が素敵なお店で、
ポルトガルの鍋料理「カタプラナ」とエッグタルトのお食事を頂きます・・・
a0111395_2140227.jpg


☆先ずは、リスボンから、西20㎞ヨーロッパ大陸の最西端
“最果ての地”ロカ岬

が途中霧で、一寸先も見えない状態!!!
でもメンバーの皆さん日ごろの行いよろしく、岬を何とか見ることができました・・・。
a0111395_22193355.jpg


140mの断崖から見下ろす大西洋はとても雄大です。

灯台の近くに詩人カモンイスの詩碑が建ち、
“地の果て”「ここに地終り、海始まる・・・」・の名文句が刻まれています。
a0111395_2220035.jpg

観光案内所で、「最西端到達証明書」をGet!
その費用5ユーロと10ユーロの2種類あり。日本から決して近いとはいえないのに、
「ロカ岬に到達したことを証明する“到達証明書”の発行枚数は、日本人が世界ナンバーワン保有率ナンバーワン 
ミーハーですがな・・・

昔の書体で名前を記入してくれて、ロウ印をべったりと・・・。
a0111395_21383743.jpg


真っ青な海には出会えなかったけれど、
植物の中から顔を出し出迎えてくれたカタツムリ君です!
a0111395_2137474.jpg


☆次の観光地は、
英国の詩人バイロンが“エデンの園”と呼んだ、緑豊かな木々に包まれたシントラの町・・・
ムーア人が街を築いたとされ、王家の宮殿や、貴族の荘園が置かれ文化の中心として栄えた美しい町

a0111395_095518.jpg

世界遺産シントラの王宮を訪れます。

歴代王が次々と栄華と美意識を誇示する為に数々の増築を繰り返しましたが
ひときわ目立つトンガリ帽子のような2本の巨大な煙突の外観です。
a0111395_2142049.jpg


中は、色々と趣向が凝らされています。

○白鳥の間には、27匹の白鳥が天井に描かれていて宮廷舞踏会場として用いられた大広間
a0111395_22264448.jpg


○紋章の広間には、16世紀の王族貴族の紋章やバスコ・ダ・ガマの紋章も・・・。
a0111395_22274086.jpg



○王宮内の礼拝堂・・小さいながらも凄く豪華で特に身廊の入口上にある飾りが素晴らしい
a0111395_22282496.jpg



○厨房も広くて作業がしやすい感じで、煙突は外から眺めると、良い王宮のアクセント
a0111395_21453585.jpg


○王宮の一番の見物は一番奥にある、正方形のホールです。
ここは壁4面ともアズレージョがはめてあります
a0111395_21491521.jpg
a0111395_21485155.jpg

○色々な展示物・お宝・・見ていて飽きません・・・。

a0111395_21445915.jpg
a0111395_214433100.jpg
a0111395_2149234.jpg



☆今日も一日無事観光出来ました。
先日からのお泊りのホテル、玄関に飾られた大きな素敵なガーデン花世界
a0111395_0495176.jpg


今日は、もう異なるお花が・・・emoticon-0104-surprised.gif
a0111395_21585611.jpg

スタイリッシュなお花達はステイする人達の心に安らぎをもたらしてくれる・・・emoticon-0142-happy.gif


☆夜は、お待ちかねのポルトガル民謡ファドのディナーショウへ
「ファド」とはリスボンの下町に生まれ、歌い継がれてきた庶民の心の歌、民俗歌謡で、
運命・宿命 の意味をも持っていると言われる・・・
マイクを持たずに黒衣をまとったファディスタが歌い、
ポルトガルギターとクラッシックギターの音が響き、
ポルトガルの夜は更けてゆきました・・
こんな夜の過ごし方もあるのです~~。emoticon-0105-wink.gif
a0111395_22345825.jpg

・・・最終章へと続く・・・
[PR]

by bbamoree | 2013-04-28 00:40 | ♪旅行の世界 | Comments(8)
Commented by ゆり at 2013-04-29 08:21 x
なかなか行けない場所なので、眼の旅行をしています。
次は、どこへ行かれるのかな?
花の文化園で、お会いしましょうね!
Commented by tannpopo at 2013-04-29 20:07 x
ロカ岬は旅の終わりの方に行かれたのですね!私はポルトガルについて2日目に行った後シントラの王宮を見学しました。そしてポルトに2連泊後コインググラからリスボンの戻りファドハウス
Timpanas にてファドを楽しみました。写真で見ると良く似た女性が歌われています?店内は9割が日本人のお店でした。本当に詳しく綺麗な写真で思い出されて嬉しくなりました。有り難う御座いました。
Commented by T&N at 2013-04-30 20:44 x
こんばんは
 南ヨーロッパの旅素敵ですね
旅行記楽しく読ませて頂いています
想像し行った様な気持ちになっています。

 我が家は鉢植えのバラが有るのでなかなか家を空けることが
出来ませんので旅行記でがまんがまんです。
Commented by bbamoree at 2013-04-30 22:59
どんな国も何かしら特徴(私にとって)があります・・。

今回一番気になったのは、アズレージョ(タイル画)です。
どの様に描かれ、そして大きいのは、どの様に窯(?)に入れるか分かりません・・。
色々な色が入らない青色はストーリー性を持たせるには最適なのでしょうね。

ゆりさんなら又、違った見方が出来るかな?
コメント有難うございました。♪ゆりさんへ♪
Commented by bbamoree at 2013-04-30 23:05
最果ての地ポルトガルですが、見る所も多く堪能出来ますね。

ファドは、皆さん今回のは哀愁が無くて・・・と口を揃えておっしゃっていました。
要するに、日本の歌謡曲同様ですから、色々な表現があるのでしょうね。曲によって違うでしょうし・・・。
ロカ岬は、お天気でしたか?
コメント有難うございました。♪ tannpopoさんへ♪
Commented by bbamoree at 2013-04-30 23:13
1カ国にしぼってもまだまだ見ていない所がありますね。
帰国して本を改めて読み直して痛感しています。

一緒に旅行した気分になってもらえるなんて、この旅行記は成功(?)と察して良いのでしょうか?(笑)
ブログにUPすることにより、少しは横文字の地名も覚える事が出来ます。
記憶に残る確率が多いからでしょうね。思い出は大切にしたいものです!

犬同様、お花も留守は大敵ですね。旅行の時は、シルバーセンターに水やりを頼んでいきますが、枯れるのを承知の気ままな園芸です。
バラ、これからですね~~~(-。-)y-゜゜゜

コメント有難うございました。♪T&N さんへ♪
Commented by おきょう at 2013-05-01 04:26 x
まず写真がどれも鮮明で素敵です。写真を3回ほど見ましたが白鳥の天井絵が素敵です。もっとズームアップで撮れたらと思いました。又紀行文の文体がとても個性が出ていてgoodです。
ここまでアップされる労力が大変だと陰乍ら偲ばれます。有難う御座いました。
追記~連休中に浜寺公園の薔薇を見に行けたらと思っています。
Commented by bbamoree at 2013-05-02 15:10
色々と撮った写真をupしたいですが、紙面の関係もありますね。

カメラの調子はどうですか?
先日、写真やさんで聞いたら今のカメラでもボケが出せそうなので、ちょっと勉強してみます。
軽いのが一番かな?とも思っていますが・・・。イイ感じで写せそうなら、又教えて下さい。

コメント有難うございました。♪おきょうさんへ♪


<< ♪ポルトガルの旅・・(その6・...      ♪ポルトガル・スペイン旅行(そ... >>