2014年 03月 11日
♪世界遺産・アンコールワットへ(その1)♪
温度計が0度付近をウロウロしている日本から、30度を超えるカンボジアへ・・・

「アンコールワット」は、世界遺産1位に君臨すると言う←どうりで凄かった!
朝日に映えるアンコールワットのその姿は幻想的でありました~~!


a0111395_2364590.jpg


a0111395_8225747.jpg


朝早く、聖地の蓮池も目ざめ、その美しさは鏡塔を一層荘厳なものにしてくれていました~~!

a0111395_22582100.jpg

アンコール遺跡はフランス人のアンリ・ムオ(1826~1861)によって発見されたと言われ、
密林の中でこの姿を発見した時の驚きは想像に絶します・・・
30年の年月をかけ、2万5千人の手作業の結集作・・・
スールヤヴァルマン2世国王が建立・その大きさは、東京ドーム15個分の広さ・・・

トウモロコシの様なその伽藍全景を見るには
正面となる環濠の橋を渡り
a0111395_2394420.jpg

そして昔は王しか通れなかった西塔門から入ります・・・
a0111395_23102684.jpg

a0111395_23113256.jpg

ここは、人気のシャッターポイントみたいだけど、
次々と訪れる人々の為にベストとはいかず・・(>_<)

歩いていくと、第一回廊へと達します・・・
a0111395_2318366.gif


ワット最大の見所、第一回廊の壁面のレリーフ・・・
東西215m、南北187m、全長800m
天地創造を描いた世界が繰り広げられ、
当時の国王とその軍隊や家臣たち、ヒンズー教の物語や天国地獄図などが描かれ、
当時の様子を知る手がかりとなっています005.gif

a0111395_0414828.jpg


第2回廊に行く途中に十字回廊があり、
ここには、おそらく巡礼者が身を清めたと思われる沐浴池があります・・・

a0111395_23273193.jpg


第2回廊の正面には、ヒンズー教の神々が彫られています・・・

a0111395_23294281.jpg


そこを潜り抜けると、青空が見え、いよいよ神々の世界・・・
回廊外壁に描かれたテバァター像(女神)と連子窓(通気、採光の為)の装飾が美しい・・・
a0111395_23385476.jpg

a0111395_2339732.jpg
a0111395_23391956.jpg


そして、最後の第3回廊へは、70度の階段が設けられていて中央祠堂がそそり立ち・・
今は観光客の転落死があってから、この東側の階段しか上れなくなっています・・・
a0111395_23453479.jpg


中央祠堂の中には、仏像が置かれていますが、当時は、ヒンドゥー神が祭られていたそうです・・・
a0111395_23452057.jpg
a0111395_2345497.jpg


アンコールの遺跡に残される仏塔や神像は、
ヒンズー経と大乗仏教の文化を色濃く繁栄しています・・・
祠堂の側面は、多くの仏様が飾られています・・・


アンコール遺跡群の入場には入場券が必要です。
チケットはシェムリアップの街からアンコールワットに向かう道路沿いにチケットブースがあり、
ここでチケットの購入をすることになります
チケットブースで自分の写真を撮ってもらい、各遺跡でのチケットチェックがあります。
料金 は1日券 $20 、3日券 $40 、1週間券 $60 です。
a0111395_0562694.jpg



観光は、暑さを考えて昼食後はホテルで2時間程の休憩を取り、お昼からの見学に備えます・・・
今回は、アジア圏でもあり安価、汚水の事も考えて、ホテルのグレードアップをしていました・・・
何度もホテルを利用したのでその価値はありました~~^(^_-)-☆

a0111395_23522168.jpg

カンボジアは世界有数のコショウの生産国で、
ベットの上にウエルカムのコショウがお土産に置いてくれていました006.gif

a0111395_23523583.jpg
a0111395_2354566.jpg


そうそう、このホテルの売店で女の子が一生懸命、クロス刺繍を刺していました。
3ミリ×3ミリの小さなクロスで、とても大きな作品を作っていました。
3か月かかって景色のを作ったそうです。好きでないと出来ない作業です。
聞くと、うなずいて「YES」と答え写真を撮らせてくれました。
「こんなのも作ったよ」と別のも見せてくれました。
a0111395_0263967.jpg

現地の人と楽しい会話が出来ました001.gif

・・・・・つづく・・・・・
[PR]

by bbamoree | 2014-03-11 08:46 | ♪旅行の世界 | Comments(4)
Commented by おきょう at 2014-03-12 00:34 x
素敵な写真を丁寧なコメント付きで列記されご苦労が偲ばれました。「その2」が待ち遠しいです。大変な労力に感謝しつつ誠に有難う御座いました。
Commented by bbamoree at 2014-03-12 23:59
近頃は自分の気の向いた時にブログUPとなり、本当は時期を逃しているのが現状です(>_<)
整理することはやはり自分にとっては頭に残りますね。
海外を旅することにより、より一層日本の姿が浮き彫りになります・・・。
幸せな日本と言えます・・・。
コメントありがとうございました。♪おきょうさんへ♪
Commented by tannpopo at 2014-03-13 09:20 x
アンコールワットに旅行でしたか?
最近人気なんでしょうか?私の友達も2人最近行かれました。
私は5~6年前に行って来たので写真を懐かしく拝見させて頂きました。
テレビで9月位に行くと夕焼けのアンコールワットが良いと言っていました。
私が、旅行した時カンボジアは戦争時の後遺症で地雷が未だ沢山残っていましたが?
最近はどうでしたでしょうか?
今後の旅行記を楽しみに待って居ります。
有り難う御座いました。「

Commented by bbamoree at 2014-03-13 23:14
お正月の疲れのんびり過ごしたいと急遽、近場の温かい地を選びました。
2月から5月迄が乾季で、それから10月迄は雨季で、スコールが多くて、湿度90%なので、
今の時期が人気があるようです。

添乗員さん曰く、1月が花も多くて過ごしやすいから、観光に良いそうです。

5年前だと、かなり道路事情も悪かったですね。
今も日本の50年前に相当するそうで、地雷は、観光地では無いとのことでした。

最近は、新しいホテルが建設されて、お食事処も良いホテルでした。が、街中は、まだまだお店がありません。で、フリーの時間も結局、行く所が無くて、オプションに参加しました(>_<)
コメント有難うございました。♪tannpopoさんへ♪



<< ♪世界遺産”アンコール遺跡(ア...      ♪海外旅行と皮との語らい(糸切... >>