2014年 10月 13日
♪カナダ旅行(その4)”バンフからケベックへ”♪
バンフ 

雄大な自然を満喫したり、トレッキングやゴルフなどの様々なアクティビティを楽しめる
洗練されたリゾート地で、ギフトショップやレストランも多く
 人口およそ5000人という小さな町ながら、世界中からの観光客が訪れ、華やいだ雰囲気があります
a0111395_8561130.jpg


a0111395_8563719.jpg

 
☆ バンフの街観光
花好きな私は、やはりカスケード・ロック・ガーデン へ

 バンフ・アベニュー(メインロード)を南に向い

ボウ川にかかる橋を渡ると正面に見える建物が国立公園管理事務所で、

ここの庭がカスケード・ロック・ガーデンです

a0111395_16344468.jpg


a0111395_16351148.jpg


絵はがきや観光ガイドブックでも必ず目にする
風景・背景に花壇とバンフ・アベニュー、後ろにはカスケード・マウンテンの雄々しい姿が入った
おなじみのアングル・・・ 
a0111395_16224185.jpg
 

咲いていた花を撮ってみました・・・

a0111395_16235323.jpg
a0111395_16242242.jpg
a0111395_16243959.jpg
a0111395_163339100.jpg
  

今日は、終日ゆっくり出来るので、ラフティング(約1時間)を楽しみました・・・

ボウ滝のすぐ下からゴムボートでボウ川を下る穏やかなラフティング・・・
(遠出しないと急流のは無理との事→残念emoticon-0101-sadsmile.gif
a0111395_16442540.jpg


☆終えてから、ボウ滝
この滝はマリリン・モンロー主演の映画「帰らざる河」の舞台となったことでも知られています

落差は低いが、しぶきを上げて美しく流れ落ちています
a0111395_16353713.jpg


カナダは仏の植民地から英国の支配下になりましたが1867年に英国から独立し、
現在10州と3準州に分かれ、時差は、西海岸と東海岸で、4時間30分の差があります

カナダでは、サービス料を払うのが習慣で、15%程度加算しなければなりません(食事、タクシーetc)
そして各州により税金額が異なります(通常、12%)(1c$≒¥100)

アルバーター州は税金が他の州に比べ安いので、ここで買い物を済ませようと
日本を出発する前から計画していました

が、飛行機はトランク制限20㎏に対し、VIA鉄道は、18kgの制限であまり買い込むのは控えました・・・

◎ 翌日、カルガリー発→モントリオール 経由 ケベックへと飛行機で移動・・・

カナダ東の観光の始まりです・・・

夜遅くケベックのホテルに到着
ケベック・シティ
さまざまな文化が融合され、北米初めての世界遺産となっています・・・
a0111395_182867.jpg


街の雰囲気は、ヨーロッパ調でロマンチックな気分に浸れ、治安も良く
城塞都市として旧市街は城壁に囲まれています・・・

旧市街 ・・Lower Town 
プチ・シャンプラン通り

小さなブティックやギャラリーが並ぶ北米最古・石畳の小さな通り

ケべック古来の職人芸を見る事も出来ます
a0111395_2255050.jpg
a0111395_2261932.jpg
a0111395_1145441.jpg


勝利のノートルダム教会

ロワイヤル広場(ケベックシティ発祥の地)にあり、当時の英仏戦争でフランスの勝利を讃えた

北米最古の石造りの教会 ・・・
a0111395_17585046.jpg


ファーマーズマーケット

駅から近く旧港にあり、カナダでの生活を垣間見ることができます

地元の農家の野菜や魚など生産物、ワインも売っていて

特産品のメープルシロップやケベックワインなど豊富です
a0111395_181226.jpg


 ☆ノートルダム大聖堂 

大~きな教会で金ぴか、豪華なカトリックの教会
a0111395_1844913.jpg


聖母マリアとキリストの生涯を描いたステンドグラスも見ごたえがあります・・・
a0111395_1851714.jpg


シタデル

イギリスが建造した巨大な要塞

現在もカナダ陸軍が駐屯しており、夏期にはフランス語で行われる衛兵交替式も行われ、

多くの旅行客を魅了しますが、もうその時期は終り、

ガイドツアーに参加・・普段見ることができない内部を見学することが出来ました
a0111395_1873341.jpg


新市街:Upper Town 
ケベック州議事堂

建物の外見も美しく内部のしつらえも豪華で、事務的でないのが印象的です・・・

英語とフランス語のガイドツアーを選択出来ます
a0111395_1882278.jpg
a0111395_1885074.jpg
a0111395_122690.jpg


☆今日のお昼ご飯は、「セイント・アモア」と言うレストランへ

「るるぶ」のガイドブックに
シェフ・オブ・ザ・イヤーを受賞している本格フレンチとケベック料理が融合したメニューを
ロマンチックにどうぞ!・・・ランチメニューC$20~と記されていました。

「何処かいな~?」と歩いていたら、坂本九の「見上げてごらん夜の星を」の歌が流れてきました・・・
エ~~~?と思って、その外人さんにどうしてその曲を・・・と聞くと
日本の坂本九の歌が好き、自分は、ミュージッシャンと答えてくれました。
道理で上手・・・emoticon-0159-music.gif

レストランの場所を聞くと、そこは、美味しい~と教えてくれました・・・
a0111395_18103561.jpg

オシャレなお店でtとっても美味しかった!!!
a0111395_18105674.jpg


☆ケベックで見た街の光景
a0111395_18125866.jpg
a0111395_18132454.jpg
a0111395_1814334.jpg
a0111395_18142480.jpg
a0111395_22155130.jpg
a0111395_22162279.jpg
a0111395_22164667.jpg


フェアモント・ル・シャトー・フロンテナック(Fairmont Le Château Frontenac)

緑青の銅葺き屋根と、レンガの壁に窓の白い縁飾りが特徴

フレンチ・ロマネスク風の古城スタイルの豪華ホテル・・・

建て増しの結果、高層棟とそれを取り囲む5棟の低層棟で構成されており、合計で600の客室
a0111395_21264255.jpg
a0111395_21292160.jpg


旧市街の古い町並みの中に溶け込む古城の様な美しさが人々を魅了し、 
一度は泊まりたい・・・と誰もが思うホテル…  →  泊まってきましたemoticon-0142-happy.gif

ここまで行って泊まらんは無いでしょう・・(やるならって感じ)・・・イヤ、イヤ・・これは旦那の決める事^^^

まるでお城のようなホテルに滞在するなんて・・・
と、王女様になったような気分・・自分がここに???と半信半疑でしたが・・・
ゆったりと時は流れ、ちょっと、場違いの所にいる自分を感じながらのお泊りです・・・emoticon-0115-inlove.gif

a0111395_2129501.jpg
a0111395_2225862.jpg

私と同じ様にカメラ撮るお登りさんもいる・・・ョ。
a0111395_22252820.jpg


そして、室内プールにも入って、提供されているバナナをかじりました・・(ちょっとでもモト取らんと・・・)

夜景も美しいと聞いていたので、カメラを持って・・・

ダルム広場 (ホテルの前)からの夜景・・・お月さまが綺麗!
a0111395_21311413.jpg

この広場には、昼も夜も色んなミュージッシャンが演奏してくれています・・・
(許可がいりますが、皆、歌手気取り・・・)

イントロで自分の知っている曲に出くわすと、あ~^、音楽好きで良かったと思います・・・

でも、夜更け迄、こんなリッチなホテル横でのバックミュージックは騒音にしか聞こえない人もいるだろう・・・と思いますが・・・ネ。

今夜は、とても眠れそうにない・・・と夜中、幾度も外の夜景を楽しみました・・・
     zzzz・・・
     zzzz・・・・・・・

朝早く、部屋窓からパチリ・・・…結局、あまり寝てないんじゃ~~~ん!
a0111395_21314290.jpg


☆最終ページに続く・・・

***********************







[PR]

by bbamoree | 2014-10-13 10:04 | ♪旅行の世界 | Comments(4)
Commented by arakan-kongo at 2014-10-13 14:46 x
花好きのアモーレさんならではの写真が一杯でうれしいです。

グランプリは花屋さんのエンジェルストランペット!
日本じゃこの頃もてあまし気味の感さえある巨木があんなにエレガントになるものなの?
さすがフランスの香り漂う町!トレビア~ン!

番外編でお気に入りショット見せて下さい。
Commented by bbamoree at 2014-10-14 10:16
写真初心者は、花が一番入りやすいかも・・と思って挑戦していますが、
これは、本当は一番難しいかも・・・ね。
「面白いショット、珍しいショット・・・」普通の写真しか撮れない者にとって、何がその感じが分かりません^^^^印象的な写真には程遠い感じ・・・。

貴女の写真にはそれが表れています。憧れるな~~!

HPもある素敵な花屋さんでした。日本人とは違った発想の花の活け方をしてありました。

番外編と言う事で、歌会には行けない(九州入り)ので、シダックスでも聞かせて下さいナ・・・。
コメント有難うございました。♪arakan-kongoさんへ♪
Commented by T.Tommy at 2014-10-15 08:54 x
バンフの”カスケード・ロック・ガーデン”、
ケベックシティの”プチ・シャンプラン”、”テラス・デュフラン”、”セント・ローレンス川”等々
懐かしい映像に再会することが出来ました。
ケベックシティを走る車のナンバープレートには”Je me souviens”と書かれています。
「私は、忘れない。」という意味で、過去の戦乱の記憶を残す願望のようです。

次号は、もう最終号ですか?

(PS)私もDigiBookを卒業し、今はMovie-makerにハマっています。
    またの機会に発表します。



Commented by bbamoree at 2014-10-16 17:17
私は英語も分からないのにフランス語等とてもかないませんが・・・。
仏のその雰囲気は女性らしく好きです。

車と言えば、ドライブ中、「私達は、結婚□年と書いたメッセージカードをつけた車を見つけました。
あちらは、離婚者が多くて・・・ここまで続いています~なんて旅行なんでしょうね。

暖かいご支援の内、何とか書きつづる事が出来ました。
いつまで、旅行してるねんと声が聞こえてきそうですが、先ほど、UPしました。
書き綴る事により、出かけた所がはっきりしてきます。

来月、Movie-makerのお話楽しみです。
コメント有難うございました。♪T.Tommy さんへ♪


<< ♪カナダ旅行その5(モントリオ...      ♪カナダへの旅:カナデアンロッ... >>