<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2014年 03月 29日
♪世界遺産”アンコール遺跡(アンコールトム)その2♪
アンコール遺跡の中で、アンコールワットに次いで有名なのが、アンコールトム
「大きな都城」とを意味し、900ha(東京ドーム60余個)の広さで
アンコールワットより遅い12世紀後半、ジャヤーヴァルマン7世が造営しました・・・

信仰も仏教に変わり、たくさんの菩薩の顔を刻んだ建築が特徴的です・・・
東西南北それぞれに門があり、四面に観世音菩薩の彫刻が施されています・・・
a0111395_161220.jpg

中心寺院へと続く回廊はやはり、レリーフが見所で、
ヒンドゥー教の神話、庶民の生活ぶりや当時の戦争の様子なども描かれ、
ワットのレリーフとは異なり、ひとパーツ事作られ合成されています
a0111395_22522611.jpg

中央の寺院バイヨンは、ピラミッド型の重厚な造りになっており、
観世音菩薩の顔が大きく彫り込まれた塔が連なっているサマは異空間を思わせます・・・
a0111395_22555356.jpg
a0111395_2256121.jpg

観音菩薩は、人々の音(声)を観て(聞いて)、その苦悩から慈悲を持って救済する菩薩様で、
人々の悩みに応じて千変万化の相となります・・・・
a0111395_2303254.jpg


a0111395_2314482.jpg

これらを形成する大きな石は、写真の様に、穴を開けて運んだとされています・・・
a0111395_2344085.jpg

又これと違って遺跡の柱等に見られる穴は、宝石をはめ込んであったのを
遺跡修復と称して盗まれた丸穴のあとです。

☆次に訪れたのは、「タ・プローム
ジャヤバルマン七世が12世紀後半に母の為に建てた仏教寺院です・・・
コンピュータゲームで後に映画化もされた「トゥームレイダー」の撮影場所としても有名。

この遺跡は発見当初の姿に近い状態で保存されており、
長年放置されていた遺跡に、ジャングルの樹木・・スポアンが絡みつき、
成長するに従って遺跡は完全に覆い尽くされてしまいました・・・

巨木と廃墟が織り成す天然アートの感じがする・・・
これからも又変形していくであろう姿・・・
a0111395_23112137.jpg


a0111395_23113241.jpg


☆オプションで、「トンレサップ湖」へ
東南アジア最大の湖で「カンボジアの心臓」とも呼ばれ、
琵琶湖の18倍という広さで、ひょうたん型をしています・・・

水上バスで見学しますが、その船内には、子供が物乞いしています・・・
至る所で物乞いを見ます。そして裸足の子供達・・・
a0111395_23301018.jpg


ここには、ベトナム難民が水上生活をし、100万人を超える世界最大規模です・・・
a0111395_23211070.jpg

湖の水産資源が豊かさを持って行かれたカンボジア人は、水上生活者に対し批判が多く
政府は、困っているそうです・・・
a0111395_23212568.jpg


この湖に行く途上、とても貧しい暮らしのカンボジア市民の住居を垣間見ました・・・

住居は、高床式家屋で床は竹、屋根はヤシの葉で作られ、熱帯性気候に備えています・・・
a0111395_2348365.jpg

日本の50年前の姿とも言える街は、道路も整備されず、バス等の交通機関も無く、
徒歩、自転車、オートバイ、トゥクトゥクが生活手段です。
a0111395_23483678.jpg



同国民しか結婚出来ず、都会では、電気水道は普及しているが農村はありません。
冷蔵庫やエアコンはまだ贅沢品で、教育は遠くお寺へ自転車で通うという状況・・・

フランスの植民地の時代を経て、ポルポト政権で、約百万人の死者を出しました・・・
今は、日本をはじめ世界中の援助とカンボジア国内の保護活動の高まりにより
地雷の撤去や修復の努力は継続されています・・・
これから大きく発展する事を切に願いたい・・・と感じる旅です・・・

☆夜は、「アプサラダンス」の観賞タイムがありました・・・
「アプサラ」の語源は、「アプサラス(Apsaras)」という古代インドの神話に登場する天女で、
カンボジアに古くから伝わる宮廷舞踊です・・・

きらびやかな衣装に身を包んだ女性達が、妖艶な踊りを舞い
手の動きに特徴を持ちカンボジア独特の雰囲気があります・・・

a0111395_06891.jpg


☆カンボジアで頂いた食事・・・
a0111395_145442.jpg


人間、生まれいずる所違えば本当に贅沢な暮しを日本でさせてもらっていると思います・・・・
そして、日本の戦後の復興の力の凄さにも驚き・・・

カンボジアのその遺跡群は、以前訪れたローマの史跡群よりも彫刻等が優れていたと感じる旅でありました・・・

よりこの国が住みやすい環境となるには、何処にも負けない遺跡を持つ観光都市として
発展を遂げて行って欲しい・・・
と願わずにいられない貴重な思い出となりました・・・・。
また・またダーリンに感謝010.gif
[PR]

by bbamoree | 2014-03-29 08:31 | ♪旅行の世界 | Comments(8)
2014年 03月 11日
♪世界遺産・アンコールワットへ(その1)♪
温度計が0度付近をウロウロしている日本から、30度を超えるカンボジアへ・・・

「アンコールワット」は、世界遺産1位に君臨すると言う←どうりで凄かった!
朝日に映えるアンコールワットのその姿は幻想的でありました~~!


a0111395_2364590.jpg


a0111395_8225747.jpg


朝早く、聖地の蓮池も目ざめ、その美しさは鏡塔を一層荘厳なものにしてくれていました~~!

a0111395_22582100.jpg

アンコール遺跡はフランス人のアンリ・ムオ(1826~1861)によって発見されたと言われ、
密林の中でこの姿を発見した時の驚きは想像に絶します・・・
30年の年月をかけ、2万5千人の手作業の結集作・・・
スールヤヴァルマン2世国王が建立・その大きさは、東京ドーム15個分の広さ・・・

トウモロコシの様なその伽藍全景を見るには
正面となる環濠の橋を渡り
a0111395_2394420.jpg

そして昔は王しか通れなかった西塔門から入ります・・・
a0111395_23102684.jpg

a0111395_23113256.jpg

ここは、人気のシャッターポイントみたいだけど、
次々と訪れる人々の為にベストとはいかず・・(>_<)

歩いていくと、第一回廊へと達します・・・
a0111395_2318366.gif


ワット最大の見所、第一回廊の壁面のレリーフ・・・
東西215m、南北187m、全長800m
天地創造を描いた世界が繰り広げられ、
当時の国王とその軍隊や家臣たち、ヒンズー教の物語や天国地獄図などが描かれ、
当時の様子を知る手がかりとなっています005.gif

a0111395_0414828.jpg


第2回廊に行く途中に十字回廊があり、
ここには、おそらく巡礼者が身を清めたと思われる沐浴池があります・・・

a0111395_23273193.jpg


第2回廊の正面には、ヒンズー教の神々が彫られています・・・

a0111395_23294281.jpg


そこを潜り抜けると、青空が見え、いよいよ神々の世界・・・
回廊外壁に描かれたテバァター像(女神)と連子窓(通気、採光の為)の装飾が美しい・・・
a0111395_23385476.jpg

a0111395_2339732.jpg
a0111395_23391956.jpg


そして、最後の第3回廊へは、70度の階段が設けられていて中央祠堂がそそり立ち・・
今は観光客の転落死があってから、この東側の階段しか上れなくなっています・・・
a0111395_23453479.jpg


中央祠堂の中には、仏像が置かれていますが、当時は、ヒンドゥー神が祭られていたそうです・・・
a0111395_23452057.jpg
a0111395_2345497.jpg


アンコールの遺跡に残される仏塔や神像は、
ヒンズー経と大乗仏教の文化を色濃く繁栄しています・・・
祠堂の側面は、多くの仏様が飾られています・・・


アンコール遺跡群の入場には入場券が必要です。
チケットはシェムリアップの街からアンコールワットに向かう道路沿いにチケットブースがあり、
ここでチケットの購入をすることになります
チケットブースで自分の写真を撮ってもらい、各遺跡でのチケットチェックがあります。
料金 は1日券 $20 、3日券 $40 、1週間券 $60 です。
a0111395_0562694.jpg



観光は、暑さを考えて昼食後はホテルで2時間程の休憩を取り、お昼からの見学に備えます・・・
今回は、アジア圏でもあり安価、汚水の事も考えて、ホテルのグレードアップをしていました・・・
何度もホテルを利用したのでその価値はありました~~^(^_-)-☆

a0111395_23522168.jpg

カンボジアは世界有数のコショウの生産国で、
ベットの上にウエルカムのコショウがお土産に置いてくれていました006.gif

a0111395_23523583.jpg
a0111395_2354566.jpg


そうそう、このホテルの売店で女の子が一生懸命、クロス刺繍を刺していました。
3ミリ×3ミリの小さなクロスで、とても大きな作品を作っていました。
3か月かかって景色のを作ったそうです。好きでないと出来ない作業です。
聞くと、うなずいて「YES」と答え写真を撮らせてくれました。
「こんなのも作ったよ」と別のも見せてくれました。
a0111395_0263967.jpg

現地の人と楽しい会話が出来ました001.gif

・・・・・つづく・・・・・
[PR]

by bbamoree | 2014-03-11 08:46 | ♪旅行の世界 | Comments(4)
2014年 03月 01日
♪海外旅行と皮との語らい(糸切りばさみケース)♪
ほっと一息つける一週間の終わり・・・。
お気に入りに包まれて楽しい出来事がたくさんありますように・・・。
1度の人生だから、少しこだわって過ごしてゆきたい・・・・♡♡♥

☆*:・°★:*:・Please have a good time!☆*:
a0111395_263427.jpg



・・・・・つづく・・・・・

☆*:・°★:*:・°  革との語らい ☆*:・°★:*:・°

旅行に行く前は、きっちりお仕事していきましたよぉ~~ん^^^^


糸切りばさみケース:Leather craft&Hand made
a0111395_139778.jpg


以前お土産に頂いて大切にしているとても使いやすい糸切りばさみケースは

白皮で、周囲は同じ金色の糸で手縫いしました(^_-)-☆
a0111395_210374.jpg

[PR]

by bbamoree | 2014-03-01 06:29 | ♪革作品の世界   | Comments(6)