タグ:フラワーアレンジメント ( 83 ) タグの人気記事

2013年 10月 24日
♪秋のバラ( プリザーブドフラワー)と革展♪
秋になり、又美しいバラが咲き始めています・・・
娘宅に遊びに出かけた時に棚にバラの プリザーブドフラワーが飾られていました
a0111395_2316467.jpg

大輪の深紅のバラはまるで本物の様で、(勿論、生には負けますが・・・)
優雅さは、偽物でも誇らし気に見えます・・・・
娘は、自分の作ったプリザーブドフラワーを季節に合わせて飾るのを楽しんでいる様です・・


河内長野市の美術展(24日~27日迄)がキックス4階で開催されています
去年に引き続き出展しました・・・

適当に手持ちのを出すつもりでいましたが、
何を思ってか・・・・(自分の気持ちがヨーワカラン???)
やっぱり何かを作ってみようと思い立ちました・・・emoticon-0125-mmm.gif

気ままな奴!

中心は決まり、構図は色々考えがまとまりませんでしたが、
不思議とコレ!と発想にしっくりくるものが見つかりました・・
黒のゴミ袋も役に立つワイemoticon-0105-wink.gif

革の染めも今回は、
白と黒のモノトーン責め(これも染めてる時間が無いので)と決定

木をのこぎりで切り(これが又カーブが超、難しくてぇ~~)
革を黒に染めて、
中心は、白革を裁断、立体化して・・

さて、さて2枚の木をどうひっつけるか➻ナフコで教えてもらって・・・ありがたや!

全体を構成化して、何とか自分なりに出来上がり・・・

a0111395_2242043.jpg


はっきり、出来上がった状態をカメラに撮れていなかつたので、画像をエンボス化してみました・・・
ちょっとイメージは、違うけど・・・

a0111395_2315657.jpg


会場で撮影したのを後日UPしますので、又ブログ訪問下さいねemoticon-0139-bow.gif
[PR]

by bbamoree | 2013-10-24 23:33 | ♪革作品の世界   | Comments(10)
2013年 10月 07日
♪花より団子かな?革との語らい(革タグ付け)♪
☆新しい週のstart・・・

お気に入りに包まれて楽しい出来事がたくさんありますように・・・。
☆*:・°★:*:・° 
Please have a good time!
★:*:・°

頭を垂れてしおれかかった千日紅を短くして菊と添えると、こんなにLovely!
a0111395_1751993.jpg


花言葉は
「変わらぬ愛」「変わらない愛情を永遠に」ですって・・・
見かけによらず、情熱的ヤ・・・なぁ~~~
トイレに行くたび、「かわいい~」・・思わず、トイレに飾ってもた~~~。


お昼からは、可愛いお団子作り・・・
a0111395_17514035.jpg


九州の孫へ時折、色いろと手作りしてクール便。
夜7時に入れると午前中に到着。世の中、宅急便が出来て、本当に便利。


☆*:・°★:*:・°  革との語らい ☆*:・°★:*:・°
孫のストロー付きコップ入れとお揃い小バッグ:Leather craft&Hand made
a0111395_17503872.jpg


夏に購入してあったビニール布で作成。タグのみ革でemoticon-0110-tongueout.gif
こんなアクセント付け、そして縫製はめちゃ、簡単。
[PR]

by bbamoree | 2013-10-07 18:04 | Comments(6)
2013年 08月 26日
我が家のノウゼンカズラ…(革との語らい・・マザーズバッグの修生)
☆新しい週のstart・・・
お気に入りに包まれて楽しい出来事がたくさんありますように・・・。
☆*:・°★:*:・° Please have a good time!★:*:・°
a0111395_0344052.jpg


夏の太陽の下でオレンジ色のラッパ状の花をたくさん咲かせるノウゼンカズラ
暑さに強く生育旺盛で、ツルを伸ばして木や物にからみついて這い登って・・・。


ノウゼンカズラの花言葉は「女性」。
木にからみついて美しい花を咲かせるその姿が
誰かに寄り添って生きていく女性と重ね合わされたのだろうか? 

日本に入ってきたのは平安時代と言われ、その頃の女性を想像すると頷ける気も・・・。
しかし女性が強くなったと言われる昨今、
花言葉をつけるとしたら全く違う花言葉になってしまうのかも知れない・・・。

雨が降り、しのぎ良い週末、我が家のノウゼンカズラを活けてみました・・・。


☆*:・°★:*:・°  革との語らい ☆*:・°★:*:・°
Mother's bagの紐・修生):Leather craft&Hand made :
a0111395_0345845.jpg

娘が赤ちゃんの物を入れる大きな布バッグの紐がなんとかならんか?と・・・。
金の鎖に仕込まれている黒布を革に取り替え、長さもバギーにひっかかるので、短くしてみました・・・。
何とかなりましたでしょうか?・・
[PR]

by bbamoree | 2013-08-26 00:37 | ♪革作品の世界   | Comments(6)
2013年 08月 08日
♪娘宅にて・・・♪
娘宅にて1泊してきました~~。
夏のバージョンでテーブルを飾ると言っていましたが・・・
こんな感じ・・・明りを灯すと又別のムードが出てきまっす!
a0111395_23282699.jpg

貝と砂のコラボ・・・
a0111395_2329988.jpg
a0111395_2328453.jpg

義理のお母さんからメロンの差し入れ・・・
あ~~、美味しかった!!!
a0111395_23295390.jpg


それと、手土産の五感の桃のロールケーキを正味しました~~emoticon-0142-happy.gif
丁度、お友達から頂いたお花が彩りを添えてくれています。
a0111395_23332286.jpg

五感のお菓子は、安くて美味しく私好みです。
写真の向こうにアンパンマンが写ってる・・子育ての中、こうしてテーブルセッティングをするのが、ストレス発散でとても楽しいとか・・。
そして娘もこの一眼カメラ欲しそう・・・
まだカメラを消化できてないので上手く撮れてませんが・・・。
先ずは、何度も撮るしかないか・・・。
[PR]

by bbamoree | 2013-08-08 23:53 | ♪料理の世界 | Comments(6)
2013年 07月 22日
♪娘宅にて・・♪
娘宅にて、サラダうどんをご馳走に・・・
本人曰く、これご馳走でないけど・・・と
子育て(6か月)に忙しい新米ママさん。
彼女が習ったプリザーブドフラワーは、テーブルを装うに恰好が良い…丸ガラスの下中には、透き通った石??
夏には、貝殻を利用して何だか試作しているみたい???
a0111395_10563767.jpg

簡単なサラダうどんと混ぜるだけの簡単いなり・・。
a0111395_1045465.jpg

いつも遊びに来てと声をかけてくれる優しい娘に育ったバイ・・・。
[PR]

by bbamoree | 2013-07-22 10:59 | ♪料理の世界 | Comments(6)
2013年 06月 10日
♪お花と革との語らい(メガネケース)♪
☆新しい週のstart・・・
お気に入りに包まれて楽しい出来事がたくさんありますように・・・。
☆*:・°★:*:・° Please have a good time!★:*:・° 

 畑に植わっているお花を取りに行く?とのご近所の方のお誘いにルンルン気分・・・
「ムギセンノウ」一体、何本取った事だろう????
幸せ気分で花瓶に活けて・・・
a0111395_1141211.jpg


何日か大事に楽しんで、最後こんな事して可愛いお花もさまがわり・・・
a0111395_11413012.jpg


百貨店で、値段を気にせず何でも買える・・・ちょっとそんな気分・・・・とても幸せなひとときemoticon-0123-party.gifでした~!!


☆*:・°★:*:・°  革との語らい ☆*:・°★:*:・° 
メガネケース:Leather craft&Hand made :
a0111395_11432371.jpg

レンズが痛まない様にプラスチックの本体に革を貼り付けています。中央は、銅細工をアレンジ・・・
[PR]

by bbamoree | 2013-06-10 12:13 | ♪革作品の世界   | Comments(4)
2013年 06月 05日
♪お花と革との語らい(キーホルダ)ー♪
☆新しい週のstart・・・
お気に入りに包まれて楽しい出来事がたくさんありますように・・・。
☆*:・°★:*:・° Please have a good time!★:*:・°  

娘からもらったシンピジュームがお勤めも果たして、残りのお花をせめて・・・と
ワイヤーをからませて活けて見ました・・・
a0111395_9192038.jpg



☆*:・°★:*:・°  革との語らい ☆*:・°★:*:・° 
キーホルダー:Leather craft&Hand made :

a0111395_059725.jpg


今回は、彫りは入れず、ドットをあしらい染め皮を使っています(^_-)-☆
a0111395_1134362.jpg

[PR]

by bbamoree | 2013-06-05 09:00 | ♪革作品の世界   | Comments(4)
2013年 05月 04日
♪ポルトガルの旅・・(その6・・リスボン見学)
最終日の午前中の観光は、
まず☆サン・ロケ教会
a0111395_0551175.jpg

1584年に日本の天正遣欧少年使節団が1ヵ月ほど滞在した日本とゆかりの深い教会です。
瑠璃、めのうやモザイクで美しく飾られた礼拝堂は、
イタリア・バロック芸術の傑作として名高い。

次は、☆世界遺産ジェロニモス修道院
ポルトガル独特の建築様式であるマヌエル様式の最高傑作
・・・・繊細な建物は素晴らしい!
a0111395_15333480.jpg


マヌエル1世が、同国に富と繁栄をもたらした大航海時代を切り開いたエンリケ航海王子
の偉業を称えて着工、完成まで300年ほどの歳月がかかりましたemoticon-0104-surprised.gif
建築資金は、
南アフリカの喜望峰をまわるインド航路を発見した
ヴァスコ・ダ・ガマが持ち帰った香辛料の売却による莫大な利益で建立
その後も貿易による利益が投入されたと言われています。
a0111395_155247.jpg


中庭を囲む回廊(55m四方)は石灰岩を用い、
緻密な彫刻を施したアーチは繊細優美、時間のたつのも忘れてしまいそう・・・emoticon-0131-angel.gif
a0111395_16211445.jpg
a0111395_15365274.jpg

同修道院のサンタマリア教会の中・・天井の模様がオシャレ!
a0111395_16215534.jpg

ヴァスコ・ダ・ガマの石棺と、詩人カモンシスの棺が安置されています。
a0111395_16154714.jpg

婚礼シーンを描くステンドグラス
a0111395_16172175.jpg


リスボン銘菓エッグタルトの元祖のお店「パステイス・デ・ベレン」がこの近くにあります。
a0111395_16323116.jpg

創業以来、修道院から受け継いだ秘密のレシピが今なお大切に守り続け作られています。
外側のパイ生地は、レイヤーが薄くびっくりするくらいパリパリ(かなりの高温で焼いているらしい)・・
毎日平均10,000個売り上げる程の美味emoticon-0166-cake.gif・・・
1つ1.1ユーロ・・・カスタード部分のハーモニーが絶妙で、本場の味は格別でした!
この日は、生憎の雨摸様・・
添乗員さんが、見学中に並んで希望者に買って来て下さいました(^_-)-☆

☆次は、世界遺産・ベレンの塔
マヌエル一世がテージョ川の防衛と出入りする船の監視の為に作らせた5階建ての塔

マヌエル様式の優美な外観から「テージョ川の貴婦人」という呼び名があり、
長い航海を終えて帰ってくる船乗りたちを優しく迎える故郷のシンボル的な存在でもありました。
a0111395_16451042.jpg


1階は潮の干満を利用した水牢となっており政治犯を収容し、
2階は砲台、3階から上は王族の居室でした。
一般公開されている現在、3F以降は博物館となっていますが、
時間の関係で外からの見学・・・残念!

次は、☆『発見のモニュメント』を見学

大航海時代の幕開けを導いたエンリケ王子没後、500年を記念して造られた記念碑
a0111395_1716298.jpg

エンリケ王子が記念碑中で先頭に立ち、
後方には、同時代の探検家、芸術家・科学者・地図制作者・
ヴァスコ・ダ・ガマ、宣教師フランシスコ・ザビエルらの像が並んでいて、西側と東側で約30の像があります。
a0111395_17171256.jpg

到達を示した世界地図のモザイク中、JAPANもありました。

~~お昼からはフリータイムです~~
サン・ジョルジェ城
城一帯は城壁に取り囲まれた、四角形の要塞の姿で残っています。
かつての王宮跡、庭園とリスボンを眺められる広い広場があり、
中庭に出ると、孔雀が10羽ほど放し飼いにしてあり、こんな所でクジャクを見る事が出来ました。
a0111395_17365060.jpg


リベイラ市場
a0111395_17482656.jpg


海外に出向くと、その土地の事は市場に行くと良く分かります・・・
お昼からでしたので市場は閑散としていました。
a0111395_23152480.jpg

お花やさんが開いていてこれまでの諸外国と異なる活け方が驚きですemoticon-0104-surprised.gif
a0111395_17495236.jpg
a0111395_1750535.jpg

お葬式用でしょうか?質問してみましたが、通じません←私の英語が無理???
a0111395_17514093.jpg
a0111395_17512824.jpg
a0111395_17515148.jpg
a0111395_17521794.jpg
a0111395_0472587.jpg


サンタ・ジュスタのエレベータに乗ってみました・・・
元々はリスボン市民の足として、
バイシャ地区と丘の上のバイロアルト地区をつなぐ重要な交通機関でしたが、
最近は屋上の展望台を目指す観光客専用エレベーターの役割を果すようになりました。
2台のキャビンがあり、木製の内装も優雅で美しいです。
a0111395_1862149.jpg


頂上からの眺め・・。サン・ジョルジェ城も見えます・・。
a0111395_23564151.jpg


☆エレベーターから見えた地上の「ドナ・マリア2世国立劇場」
a0111395_23574424.jpg


☆ポルトガルの街は、坂が多くてケーブルカーやトラムを利用します・・。
a0111395_21381893.jpg


そして、道路には、白黒のモザイク模様も・・。
a0111395_21404016.jpg


住居はこんな感じ・・・。
a0111395_214267.jpg


ポルトガルのお土産にコルク製品があります。全世界の生産量の半分を占めます。
ワイン栓や傘や洋服まで、素朴な風合いが魅力です・・・。
a0111395_20405269.jpg


夜食は、2人で郷土料理を食べ、ポルトガル最後の夜を満喫・・。emoticon-0123-party.gif
a0111395_21443057.jpg


8日間のポルトガルの旅・・・
ブログにUP(チト、テンポが遅過ぎて・・)出来る事を有難く思っています。
お付き合いお疲れ様でした・・・。

出発前PCにての天気予報は、全て雨マークで、
これでは、ただポウザーダに泊るだけになる・・を覚悟でしたが、
やはり、巡礼の旅でしょうか・・神はお見捨てになりませんでしたemoticon-0142-happy.gif
そして、聖ヤコブ様は願い事を叶えて下さいました←信心せんで、困った時だけ勝手なもんやけど・・・

地の果てを訪れ、世界を旅出来た事、全てに感謝して・・・・emoticon-0139-bow.gif

♪♪ Thank you for a happy time ♪♪


   
[PR]

by bbamoree | 2013-05-04 00:56 | ♪旅行の世界 | Comments(4)
2013年 04月 28日
♪ポルトガルの旅・・・(その5・・ロカ岬からシントラへ♪)
5日目:スペインからポルトガルのリスボンに戻ります。
途中、昼食は、外庭が素敵なお店で、
ポルトガルの鍋料理「カタプラナ」とエッグタルトのお食事を頂きます・・・
a0111395_2140227.jpg


☆先ずは、リスボンから、西20㎞ヨーロッパ大陸の最西端
“最果ての地”ロカ岬

が途中霧で、一寸先も見えない状態!!!
でもメンバーの皆さん日ごろの行いよろしく、岬を何とか見ることができました・・・。
a0111395_22193355.jpg


140mの断崖から見下ろす大西洋はとても雄大です。

灯台の近くに詩人カモンイスの詩碑が建ち、
“地の果て”「ここに地終り、海始まる・・・」・の名文句が刻まれています。
a0111395_2220035.jpg

観光案内所で、「最西端到達証明書」をGet!
その費用5ユーロと10ユーロの2種類あり。日本から決して近いとはいえないのに、
「ロカ岬に到達したことを証明する“到達証明書”の発行枚数は、日本人が世界ナンバーワン保有率ナンバーワン 
ミーハーですがな・・・

昔の書体で名前を記入してくれて、ロウ印をべったりと・・・。
a0111395_21383743.jpg


真っ青な海には出会えなかったけれど、
植物の中から顔を出し出迎えてくれたカタツムリ君です!
a0111395_2137474.jpg


☆次の観光地は、
英国の詩人バイロンが“エデンの園”と呼んだ、緑豊かな木々に包まれたシントラの町・・・
ムーア人が街を築いたとされ、王家の宮殿や、貴族の荘園が置かれ文化の中心として栄えた美しい町

a0111395_095518.jpg

世界遺産シントラの王宮を訪れます。

歴代王が次々と栄華と美意識を誇示する為に数々の増築を繰り返しましたが
ひときわ目立つトンガリ帽子のような2本の巨大な煙突の外観です。
a0111395_2142049.jpg


中は、色々と趣向が凝らされています。

○白鳥の間には、27匹の白鳥が天井に描かれていて宮廷舞踏会場として用いられた大広間
a0111395_22264448.jpg


○紋章の広間には、16世紀の王族貴族の紋章やバスコ・ダ・ガマの紋章も・・・。
a0111395_22274086.jpg



○王宮内の礼拝堂・・小さいながらも凄く豪華で特に身廊の入口上にある飾りが素晴らしい
a0111395_22282496.jpg



○厨房も広くて作業がしやすい感じで、煙突は外から眺めると、良い王宮のアクセント
a0111395_21453585.jpg


○王宮の一番の見物は一番奥にある、正方形のホールです。
ここは壁4面ともアズレージョがはめてあります
a0111395_21491521.jpg
a0111395_21485155.jpg

○色々な展示物・お宝・・見ていて飽きません・・・。

a0111395_21445915.jpg
a0111395_214433100.jpg
a0111395_2149234.jpg



☆今日も一日無事観光出来ました。
先日からのお泊りのホテル、玄関に飾られた大きな素敵なガーデン花世界
a0111395_0495176.jpg


今日は、もう異なるお花が・・・emoticon-0104-surprised.gif
a0111395_21585611.jpg

スタイリッシュなお花達はステイする人達の心に安らぎをもたらしてくれる・・・emoticon-0142-happy.gif


☆夜は、お待ちかねのポルトガル民謡ファドのディナーショウへ
「ファド」とはリスボンの下町に生まれ、歌い継がれてきた庶民の心の歌、民俗歌謡で、
運命・宿命 の意味をも持っていると言われる・・・
マイクを持たずに黒衣をまとったファディスタが歌い、
ポルトガルギターとクラッシックギターの音が響き、
ポルトガルの夜は更けてゆきました・・
こんな夜の過ごし方もあるのです~~。emoticon-0105-wink.gif
a0111395_22345825.jpg

・・・最終章へと続く・・・
[PR]

by bbamoree | 2013-04-28 00:40 | ♪旅行の世界 | Comments(8)
2013年 03月 10日
♪九州、さげもんめぐりの旅♪
九州の孫に会いに出かけてきました・・。
ちょうど、全国三大吊るし飾り
福岡の柳川市で「さげもん」があるとの事で皆んなで出かけました。
a0111395_0294494.jpg

華やかな桃の節句の伝承が受け継がれていて、
初節句の雛壇の前に吊りさげられるさげもんと呼ばれる吊るし雛は
おばあちゃん達が手作り製作されています。高価な物もあります。
a0111395_0581664.jpg



柳川下りを見、柳川のせいろ蒸しが有名ですが、
何と、2時間もの待ち時間でくたびれました(@_@;)
a0111395_103141.jpg

a0111395_0332394.jpg

街角には、色々なお店が立ち並び、その中の生醤油体験が面白そうで、孫にやらせました。
a0111395_0472850.jpg
a0111395_047392.jpg

お醤油の勉強も出来て楽しいひとときでした。
1年後には、茶色く色づく様です。
出来上がったものは、1週間程毎日かき混ぜないといけない様ですが、
孫が面倒を見てくれることでしょう。

今回は、ジェットスターの飛行機で、往復¥6.500の格安料金で出かける事が出来、ラッキーでした。
こんな安値で採算がとれるのだろうかと心配しますが・・・。
若者が多く、普通と変わらぬ運航です・・。
カンタス系なので事故も無いとの推測ですが、いつも乗る時は、覚悟しているので・・・。

今回、小3の孫にお花を活けよう!と約束していました。

花を店頭で選ぶことから、楽しませてみようと思いました。
どんな花を選ぶ??? 彩り・・種類・・そして、安価と難しいです。emoticon-0138-thinking.gif

オアシスに活けるのですから、さほど昔の生け花に比べたら、簡単とは、思われますが・・・。
a0111395_042360.jpg

何とか、無事に活ける事が出来ました。emoticon-0115-inlove.gif

次の日には、お友達のお誕生日のプレゼントにと、動物の花器を使って楽しく活けていました・・。
a0111395_0422128.jpg

お友達も大変喜んでくれて嬉しかったそうです。
花は、人をやさしくさせます・・・・・
又もや、私の趣味を押しつけています・・(>_<)
[PR]

by bbamoree | 2013-03-10 07:16 | ♪お花の世界 | Comments(11)