タグ:写真 ( 44 ) タグの人気記事

2011年 06月 25日
♪お誕生日のお祝い品と革の手作りポーチ♪
ほっとひといきつける一週間の終わり・・・。
お気に入りに包まれて楽しい出来事がたくさんありますように・・・。
☆*:・°★:*:・° Please have a good time!☆*:・°★:*:・° 
a0111395_1201219.jpg

姉の誕生日に指輪入れのお祝い品・・・。
色がステキでつい・・・買ってしまって・・・。
「私は指輪、いいの持ってへん・・・」と言われ・・・。
でも気持ちは伝わっつたかね~~~。安もんですみません040.gif


        革のポーチ ☆☆Leather craft&Hand made ☆☆
a0111395_143298.jpg


a0111395_14227.jpg

革で作ったポーチのご注文を頂きました。
裏生地をつけての贈答品ですが、鍵を入れたり、化粧品を入れたり、保険証入れ等として活用してもらえそう・・・。
「他にもう1点と無い所が良い」・・・といつもご用命有難うございます。043.gif

アジサイを白黒で撮りました・・・。こんなレトロな感じもいいかな~~~025.gif
[PR]

by bbamoree | 2011-06-25 01:30 | ♪革作品の世界   | Comments(4)
2010年 12月 19日
♪忘年会とOSAKA光のルネサンス♪
この時期、イルミネーションのハイライト・OSAKA光のルネサンス(昨年来訪者300万人)
とっても綺麗に感じたメリディアボール・・・・☆☆~~
a0111395_10543646.jpg
高さ5.5mのツリーの周りに幻想的な世界を演出・・(この木の横の丸いボールの中にメリディアボールが輝いています・・)
a0111395_1965737.jpg
大阪市庁舎玄関前のシンボルツリーとイルミ馬車
a0111395_21582380.jpg
可愛い動物達のオブジェ・・・LEDのライトのきらめきはほんと光のフェスティバル・・・
a0111395_2225767.jpg

1.4kmに及ぶ御堂筋のイルミネーションも今年はイチョウの幹だけでなく、枝にも光をちりばめた「星屑のツリー」・・思わず、1本1本どうやって飾りつけたん?と疑問を抱いてしまう・・・何時の時間帯にこれ取り外すん???
a0111395_2227534.jpg

今日の忘年会はニュージーランドの旅行友達の集まりで、いつもながら和気藹々の中でとっても楽しい1日を過ごさせてもらいました。
お昼間は新しくなった電気科学館にて、プラネタリウムで星空観賞し、隣の国立美術館にて美術鑑賞。
a0111395_1982212.jpg

セットして下さった夕食会場でビールにて、再会に乾杯!!いつまでもお付き合い願いたいご夫婦方で~す。040.gif
a0111395_2218617.jpg

[PR]

by bbamoree | 2010-12-19 22:40 | ♪その他 | Comments(6)
2010年 12月 04日
♪滋賀県“黒壁スクエア”への小旅行♪
今年の紅葉見物は滋賀県でした060.gif・・
黒壁スクエアを見物・・・大好きなガラス細工の数々を堪能しました・・・
a0111395_11461661.jpg
黒壁スクエアとは、 明治時代にあった銀行の外壁の黒漆喰の様相を引き継ぎ、村起こしとして第3セクター株式会社を設立。
 建物、風情を含めた『歴史性』、祭りを含めた『文化芸術性』、そして世界を視野に入れた『国際性』、このコンセプトを内在した事業を展開し、その中でガラスはこの理念を内在し、人が一人も通らない町に、年間190万人の来街者がある『ガラス工芸とまちづくり』を融合させた総合文化サービス業を創生しています。
a0111395_11502578.jpg
a0111395_11324353.jpg
a0111395_1133591.jpg
a0111395_11332494.jpg
a0111395_11333723.jpg
a0111395_1134852.jpg
a0111395_1134265.jpg
そして、黒壁美術館のガラス工芸品・・
a0111395_11353465.jpg
a0111395_11355956.jpg
a0111395_11361620.jpg
そして、現代九谷焼を代表する“南繁正展・・四季と緑のうつろい展・・
a0111395_12115542.jpg

散策しているとこんな展示館もありました。長浜鉄道スクエアです。
a0111395_1138098.jpg
今夜のお宿は生徒さんの紹介で会員制のエクシブhotelです...
a0111395_1213234.jpg
a0111395_12254847.jpg
夜、最上階の部屋(Deluxe)からの眺め・・
a0111395_12222173.jpg
☆お待ちかねの食事✡✡
a0111395_12151942.jpg
a0111395_12154250.jpg
とってもリッチ・・・・・・夢を見ましたよ(-。-)y-゜゜
翌日、彦根城へ。
その中の玄宮園の庭園は、時の流れも止まるかの様にお城の姿が顔を出していました。
a0111395_1335113.jpg
そして、「お多賀さん」の名で親しまれ、延命長寿・縁結びの神として古くから全国的な信仰を集め、豊臣秀吉の厚い信仰もある多賀神社で、長命をお願いしました・・・
a0111395_13334339.jpg
最後は、もみじで有名な西明寺へ。
a0111395_13421100.jpg

アー余は満足じゃ~~~016.gif
[PR]

by bbamoree | 2010-12-04 13:44 | ♪旅行の世界 | Comments(14)
2010年 10月 13日
♪クロアチアへの旅♪(その7)
8日目ザダールの夕方には夕陽の沈む景色を楽しめる海岸に脚をのばしました。。
a0111395_23133273.jpg

ここで、不思議な音色のシーオルガン♬(海岸に風が吹くと地面に埋められた装置が反応してメロディを奏でる仕組みになっている)を聴きながら、多くの観光客と共に夕暮れを満喫した幸せなひととき♬・・・を過ごしました。
a0111395_2313375.jpg

とうとう、最終9日目はアドレア海に突き出たイストラ半島巡り・・・。
 クロアチアを北上し、イタリアとの国境に卵型をした旧市街をもつロヴィニに向かいます。この町は今なお中世の雰囲気を醸し出している町であり、ベネチア共和国の支配下にあったため、城門にはサン・マルコのレリーフが刻まれていました。
a0111395_013279.jpg
又、街中には出店があり
楽しいお土産物や食べ物が売られていました。
a0111395_03008.jpg
a0111395_0302224.jpg


 ロヴィニよりイタリアに更に近いポレッチは、ローマ帝国、ビザンツ帝国、オーストリア・ハンガリー帝国など様々な支配を受けたため、色々な遺跡、建造物が残されています。なかでもビザンツ帝国時代に建てられたエウフラシウス大聖堂の内部は金のモザイクで装飾されて美しくここは、世界遺産に登録されています。
a0111395_195734.jpg
a0111395_23161842.jpg

a0111395_1153922.jpg
全ての行程が終わりHotelで食事の後、トリエステの夜の街を散策しに出かけましたが市役所前がライトアップされていて幻想的・・・・
そして近くの広場ではタンゴの音楽に合わせてダンスを楽しむ姿を見る事が出来、異国情緒たっぷりでした。
a0111395_1144129.jpg


旅行中の食事はこんな感じ・・・。
a0111395_23192762.jpg
a0111395_23194867.jpg

今回連れて行ってくれたMy husbandに帰宅後、私製定期入れでお返しで~す。→安上りやナ~~035.gif
a0111395_23202479.jpg

長らく私の旅にお付き合い下さり、有難うございました。040.gif
[PR]

by bbamoree | 2010-10-13 01:17 | Comments(10)
2010年 10月 09日
♪クロアチアのドゥブロヴニクへの旅♪(その6)
7日目はコルチュラ島へ。
a0111395_20592411.jpg

ゆったりと3連泊するHotelからアドリア海沿いをバスで3時間北上、その間の海の青さは例えようも無く・・・。
a0111395_2120099.jpg
船でコルチュラ島に到着。この島は、昔ベネチア共和国に支配されていたのでその影響を受け、城壁や砦が残っている。コルチュラ旧市街にある聖マルコ大聖堂のファサードにあるバラ窓が美しく輝いていました。
a0111395_2120294.jpg

 ドブロヴニクに帰る途中、ストンに立ち寄りました。この町の城壁はヨーロッパ第2位の長さを誇り、隣町のマリ・ストンへと続いています。塩田Solane産の塩は中世の頃、重要な輸出品でありお土産に購入。この辺りは、牡蠣をはじめとする貝の養殖も盛んです。・・チト日本の光景と異なるやり方ですが・・。
a0111395_21205447.jpg

翌8日目・・隣国ボスニア・ヘルツェゴビナの中心都市の世界遺産モスタルを観光。
国境越えの検査ではカメラ等をカバンに収納させられ、パスポートの提示を要求されたり少し緊張しました。
この町は内陸とアドリア海を結ぶ交易の町として栄えていましたが、
15世紀中頃オスマン帝国の支配下にあったためトルコの面影が色濃く残されています。
お土産物店が立ち並び、親戚に作家の手作りのガラス細工を購入しました。・・・気に入ってもらえるかな?
a0111395_21212461.jpg


ネレトヴァ川にかかる橋であるスタリ・モストは内戦で破壊されましたが、平和の象徴として写真のように修復されていてその渓谷美は素晴らしいものです。
a0111395_23405519.jpg

次回はお名残りおしや最終の旅風景です。
[PR]

by bbamoree | 2010-10-09 23:44 | ♪旅行の世界 | Comments(4)
2010年 10月 04日
♪クロアチアのドゥブロヴニクへの旅♪(その5)
6日目は待望のアドリア海の真珠・・ドゥブロヴニク
紺碧のアドリア海と赤い瓦屋根のコントラストがとっても印象的で絵になる~~
a0111395_0163333.jpg

古くから海洋国家として独立を貫いてきた希少な街であるが、内戦もあり砲撃後修復されていて又、大きな地震にも遭遇しています。
a0111395_0173762.jpg
ピレ門からすぐ脇のフランシスコ会修道院の中には、世界で3番目に古い薬局があり、今も営業されていて、中庭を囲むロマネスクの回廊も歴史的で博物館もありました。
a0111395_018654.jpg

プラツァ通りは1日中観光客で賑わい、ルジャ広場には鐘楼もあり、オノフリオの小噴水も。
a0111395_019977.jpg
a0111395_0193613.jpg
こんな中世の石畳みの道中からギターの調べが・・・音楽は世界共通・・・言葉は通じなくても、心豊かな気分になれる・・・。
この地では見学後、1日中自由行動が割り当てられていて、先ずは城壁一周絶景巡り。
約2㎞の遊歩道を歩き、景観を存分に楽しみ飽きることを知りりませんでした。
a0111395_0213037.jpg

8月30日の暑い最中帽子だけでは暑くて暑くて・・・。後から、日傘をさせば良いと言われて…そうね~。でも日本人だけだよね・・・。
しかしながら、この海の青さは8月のこの暑さならではのものでしょうね。
その後、グラスボートに乗り、対岸のロクルム島をクルーズ。
a0111395_023245.jpg
水の綺麗さと魚の泳ぐ姿、又、ヌーディストビーチで泳ぐ(?)姿も見れました(笑)
クロアチアはネクタイ発祥の地であり、お土産に購入。
a0111395_0232268.jpg
又こんなかわいい石鹸も。
a0111395_023442.jpg

夜は城壁の姿がきれいと言う事で、ツアーのメンバーの方々と海鮮料理を堪能し・・・
夜も更けていきました。
a0111395_0245060.jpg
今回のメンバーの中には、おやじギャグの得意な連中が多くて、おばんギャルは大笑い・・・。そして音楽家の奥様も参加されていて歌の発声法を伝授してもらったり、
デジタル一眼レフカメラや、ウォークマンの使い方も教えて頂いたりでホントに幸せなひとときを過しました。016.gif
[PR]

by bbamoree | 2010-10-04 00:39 | ♪旅行の世界 | Comments(6)
2010年 09月 25日
♪クロアチアへの旅(その4)♪
5日目は世界遺産の古都トロギール
 回りを城壁で囲まれた古都トロギールは、教会や塔、宮殿等風格ある建物がひしめきあい、中世の面影を残しています。
a0111395_0224686.jpg

ロマネスク様式とゴッシック様式を融合させた聖ロブロ大聖堂の入り口にはアダムとイブの像が彫られ、13世紀に造られたクロアチア中世美術の傑作と言われています。
a0111395_2348265.jpg
街はずれにあるカメルレンゴ要塞は、ヴェネチア時代に建てられ、オスマン帝国から街を守った名残を見ることが出来ます。
a0111395_23485572.jpg
丁度朝市が開かれており、お花、肉、はちみつ、オリーブ等が売られていて、お土産に購入しました。
a0111395_081845.jpg
a0111395_23501343.jpg

お昼からは、古代ローマの宮殿に人々が暮らす異色の世界遺産スプリットを見学。
a0111395_23523268.jpg
 
ディオクレティアヌス宮殿は1700年もの前の遺跡であり、
古代ローマ皇帝の宮殿跡に今も600人程の人が住む不思議な光景に出会います。ローマ時代から、中世、そして現代へと続く旧市街の中には、ロマネスク、ゴシック、バロック、ネオ・ルネッサンス、アールヌーボーとその時代を代表する建物が立ち並び、中世にタイムスリップする想いがしましたよ~~ん。そして、こんな像も・・・
a0111395_094588.jpg

今日から3連泊したHotelでのスナップ写真・・・
a0111395_23551650.jpg

a0111395_0101962.jpg
a0111395_23564052.jpg

[PR]

by bbamoree | 2010-09-25 00:25 | ♪旅行の世界 | Comments(4)
2010年 09月 19日
♪世界遺産プリトヴィッツェ湖畔国立公園を行く~~♪(その3)
4日目は待望のプリトヴィッツェ国立公園を散策。
a0111395_213046100.jpg

大小16の湖と90以上の滝が織り成す自然美が魅力の国立公園。
                           (この写真気に入っとります~~)
翡翠のような水面は、湖底が見えるほどの美しさで、尾瀬の木道のような遊歩道がはりめぐらされ、木道に沿って水辺のハイキングを楽しみました。
ここが、雨や雪の日ならこんな姿は到底見れる事は無いだろ・・と、日頃の皆さん(私も入ってる^^)の行いに感謝して・・・010.gif
a0111395_2133943.jpg

a0111395_2232532.jpg
上湖群は大小さまざまな滝と湖が点在し、そこから溢れた湖水が石灰質の地層を削り、
出来た下湖群はエメラルド色の湖と多数の洞窟があり
その躍動的な姿はまさしく大自然の芸術・・・。
・・・・その幻想的な光景に時を忘れて・・・・・

プリトヴィッツェの自然を愛した世界的オペラ歌手ミルカ・トルニナは、1897年にクロアチアの首都ザグレブにてオペラ公演をした際、その出演料を国立公園の保護協会に寄付したのだそうです。「ミルカ・トルニナ滝」と名付けられた滝が公園内にあり、記念する彼女のレリーフが今も飾られています。
a0111395_22332431.jpg

☆☆午後はシベニクへ。
雲一つない青空をバックに広がりゆく紺碧の海達・・・。いつもなら、バス中は寝てしまう事も多いけどこの美しさの前にそれも出来そうに無く、見飽きる事が無く・・・・
アドリア海には1000を越える島々があり、海岸線は長く、しかしながら、水は冷たく岩場やじゃりが多い。150km(2時間30分)のバス行程を経て世界遺産の聖ヤコブ大聖堂の見学。
a0111395_22313177.jpg
15~16世紀に100年かけて建設され、ゴシック様式から、途中ルネッサンス様式に移行した石作りの大聖堂バラ窓からは西陽が差し込み、洗礼所も見学する事が出来ました。何百年もの時を越えてその姿を見せてくれています。
a0111395_2291474.jpg

その背後に立つ聖バルバラ教会は15世紀に立てられ、2つの鐘楼はバロック様式で今も時を告げています。
[PR]

by bbamoree | 2010-09-19 23:13 | ♪旅行の世界 | Comments(6)
2010年 09月 17日
♪スロヴェニア、クロアチアの旅♪(その2)
2日目は、リュブリャナを観光
a0111395_746183.jpg

「歴史と芸術の宝庫」と言われるリュブリャナは、スロベニア(四国程の大きさ)の首都であり、政治・文化の中心地。ルネッサンス、バロック、アールヌーボーなど様々な建築様式の建物が旧市街に林立し、千年以上もの長い間、神聖ローマ帝国とハプスブルク家の支配下に置かれていた影響でオーストリアの地方都市のような雰囲気を漂わせていてステキです。
 
   朝市の中に牛乳瓶の自動販売機や、ろうそくshopとちょっと珍しい光景・ ・・。
a0111395_0352850.jpg

a0111395_0354785.jpg

バスで一路クロアチア入り・・サッカーで日本との対戦国として知られていて、最初は一体地図のどこら辺?と思いきや「イタリアの東」とやっと人様に言えるようになり002.gif^^この国の通貨単位はクーナ(Kuna)で、物覚えの悪い私は「食うな・・」の一声でやっとそれを覚え・・・。小さい国(九州の1.5倍)ながら、アドリア海の宝石と呼ばれている。

途中カルロバッツという町で休憩を。この街の至る所で内戦の傷跡、銃弾の跡を生々しく見る事になり・・・。疎開をしていて戻った後裕福な人は修理を行うが、そのままの所も随分とあり、戦争を知らない私には何だか実感する事すら難しく思えて・・。007.gif

次は国境を超え、ラストケ村へ。
滝の上に村が浮かんでいて、水車がまわり、滝の水の流れを利用して小麦やトウモロコシの粉を挽いて生活の糧にしている。日本の旅行ガイドには全く掲載されていないがヨーロッパの旅行者には知られているらしく、もっとゆっくり観光したい所でありました・・・。060.gif
a0111395_0515668.jpg
a0111395_0521257.jpg

[PR]

by bbamoree | 2010-09-17 08:25 | Comments(6)
2010年 09月 12日
♪暑さからの逃避行の旅♪(その1)
防寒具を用意してフライト12時間半余り→暑い最中、一体Whear do you go?
a0111395_17331569.jpg
近頃は乗り継ぎ便で、トランクが到着しないケースも多く、次の日の観光に備えて飛行機内に防寒具ご用意をと・・・。

今回はイタリアの東部、クロアチア方面をお馴染みMy husband との旅。
          *:・°★:*:・° まずはスロベニアから☆*:・°★:*:・°

☆☆ 初日は、防寒具(中は8℃)を着てポストイナ鍾乳洞見学。
トロッコに乗り2km(約10分)をかけぬける。その途中にも色々な形の鍾乳石が見られ、まさしく神秘の地下世界・・全長21㎞。
a0111395_18233694.jpg

何百万年もの歳月をかけて作られ、シンボルの「ブリリアント鍾乳石」はポストイナ鍾乳洞のダイヤモンドと呼ばれている。欧州最大級、そして世界一美しいと言われ、鍾乳石は10年で、かろうじて0.1㎜成長するだけ・・・。
a0111395_1735141.jpg
でその中にシャンデリアが…(驚き??、・・トロッコが早くて写真に撮れません^^^)
1万人を収容できるコンサートホールがあり、その音響効果は抜群で、ダンスショーやコンサートがあるそうです。←聞いてみた~い016.gif

鍾乳洞中で生息する「類人魚・・(両生類)」は目がすっかり退化し、体の色は白く、エラ呼吸と肺呼吸を使い分け、1年何も食べなくても生きていけ寿命が80~100年との事。

☆☆ブレッド湖の観光・・アルプスの瞳と言われ、国立公園にふさわしい姿で山の緑、湖の青、小島の教会・・・ほんとメルヘンティック・・・
a0111395_17385567.jpg
ユリアン・アルプスの大自然をのんびりと手漕ぎボートに乗り、聖母被昇天教会とブレッド城へ。
教会内にある重い鐘を鳴らす事が出来れば、願が叶うと言う伝説があり、必死になり・・・・
少しは外に響いた様子で一安心(^_-)-☆
a0111395_17394545.jpg
a0111395_1744364.jpg
ここで結婚式をあげる新郎は、新婦を抱えて桟橋から99段の階段をのぼり上の教会まで運ばなければならないそうである・・・。
私には到底出来そうもない・・とはMy husbandの弁(笑・・きっと転げ落ちそう054.gif…ナイショ・・)
     で次回に続く(11日間の旅おつきあい、よろしくお願いします!040.gif
 
[PR]

by bbamoree | 2010-09-12 18:40 | ♪旅行の世界 | Comments(8)