タグ:旅行 ( 92 ) タグの人気記事

2012年 09月 17日
♪北アイルランドの旅(タイタニックのゆかりの地)その2♪
夜、11時40分発・エミレーツ航空にて、関空よりドバイに向け長旅が始まる(関空~ドバイ10時間)・・・。
ドバイ朝、4時50分着。24時間お店が空いているので、早々とショッピング・・・素敵な
テーブルクロスを購入しちゃいました(これは、ひょっとして、歌会に使用する予定?)

その後、再び8時間のフライトでアイルランドの中心ダブリン空港へ到着。
南周りのこんなツアーしかありませんのデス!emoticon-0106-crying.gif・・8名の参加です。
a0111395_1619286.gif

ダブリンから、バス(3時間)で北アイルランドの首都ベルファーストに到着。
アイルランド島は、北アイルランド(黄色の部分)とアイルランド共和国に分かれています。
北アイルランドはイギリスの一部なので、その町並みもアイルランドの町というよりは、イギリスの雰囲気が感じられます。

☆造船の街として知られるベルファースト
夕方、少し早くついたので、3月にオープンしたタイタニック・ベルファースト(Titanic Belfast)を見学
a0111395_21749100.jpg
a0111395_16334681.jpg
(私も歌会でタイタニックをデュエットし、こんな恰好をしたのを思い出し・・・)

今年は、沈没から100年目に当り、大変な人気で、チケットは、sold outで館内は見ていません。
モダンな6階建ての巨大なこの建物、4つの尖りが船の船体を表してあり、
タイタニック号が造船された、まさにその場所に建てられています。
ハーランド&ウォルフ社(タイタニック号を造船した船会社)の繁栄期の名残りをとどめる黄色クレーンが後ろに見えています。
a0111395_1635153.jpg

ちなみにタイタニック号の一等客船のチケットの値段は、
現在の金額では8日間なんと550万円相当!
その豪華ぶりは100年前には度肝を抜くようなことばかりで、
豪華さにかけても海に浮かぶ宮殿の名を欲しいままにしていて
スチーム・バスや温水プールが供えられた世界初の船であったことはよく知られています。
全客室で水とお湯が出るのも初めて、電動エスカレーターがあるのも初めてだったそうです。
映画「タイタニック」より詳細が書かれて記事があります。(興味のある方はクリックして下さい。とても面白いですemoticon-0144-nod.gif

翌朝、先ずはシテイホールを見学・・・
a0111395_16365591.jpg

1906年に建てられた市内中心部にあるベルファーストのシンボル的な建物

正面玄関には、ビクトリア女王の像があり、
タイタニックの遭難記念碑も設けられ、亡くなられた人名が刻まれています。
a0111395_16373051.jpg

館内も美しくて、結婚式にも利用されています。
a0111395_16392535.jpg
a0111395_16401083.jpg

いずれも、タイタニックが基調ですね。
又、この階段を摸して、タイタニックの船内が作られました。
a0111395_16412414.jpg
見覚えがありますね~。

☆続いて、聖アン大聖堂を見学、80年の年月をかけて作られた立派な教会でした。布の十字架が飾られています。
a0111395_16422951.jpg


☆バスは、一路、国会議事堂へと進みますが、ゲートをくぐり何処へ行くのかと?と思いきや
ひえ~!エ!~~~と驚く広大な敷地に建てられており、この公園は、市民に公開されています。
a0111395_20415785.jpg
a0111395_20435648.jpg

*☆*:;;;:*☆*:;;;: 続く *☆*:;;;:*☆*:;;;:
[PR]

by bbamoree | 2012-09-17 20:54 | ♪旅行の世界 | Comments(5)
2012年 09月 09日
♪アイルランドの旅:アイリッシュダンス♪ (その1)
9月を迎え、夜にはコオロギの音が響きわたっています。暑い夏も過ぎゆく感じですね。。。。
亡くなった母がいつもこの頃になるとこんなことをよく言っていたのをと思い出します・・・。
「何もせんと、夏が過ぎてしも~た!」と・・・。
働き者にとっては、暑い、あつい・・で過ぎてしまった事を悔んだんでしょうね・・・。

さて、さて、避暑を兼ねて、本場のアイリッシュダンスを見てきました~~~~(^_-)-☆
a0111395_9524884.jpg
「アイルランドの伝統的なダンス」
「上体を動かさず、足だけで躍動的に踊るダンス」
「『タイタニック』の映画でディカプリオが三等船室の中で踊っていたダンス」

アイリッシュ・ダンスはなぜ上半身を動かさず主に足だけで踊るのか?

そんな謎めいたアイルランドの旅日記を書き綴ってゆきたいと思います。
北海道程の面積のこの国(8月平均気温10℃)はどんなでしょう??

会場は撮影禁止で、「YOU TUBE」から←アイリッシュダンスとはこんな踊りです


[PR]

by bbamoree | 2012-09-09 09:54 | ♪旅行の世界 | Comments(10)
2012年 05月 31日
♪古希のお祝いと黒川温泉・志賀島への旅と手作り布団のプレゼント&皮カードケース♪
主人の古希の御祝(私は、70歳ではありません(^-^))に娘達夫婦が九州、黒川温泉へ招待してくれました・・。
その時の様子をソフト表紙の本にしてくれ、出来上がってきました・・・。

a0111395_2347572.jpg

(写真左)・・・・かなりの写真枚数がうまく構成され、安価でこんなに手早く思い出を残せ、
コンパクトに収まる事に驚きです・・・とても良い記念になりました。
そして、その時の写真の1枚をpcのマウスパッドにしてくれました・・・。

想いおこす御祝の日々・・。

黒川温泉は、風情があり「外湯の温泉めぐり」の中には洞窟温泉もあり~で孫達も大喜びでした。
色々旅館もありますが、pcで色々調べてくれた様で、大家族が泊れる離れ部屋宿泊。
a0111395_0143010.jpg

お待ちかねの夕食は、一品一品・味つけに手が込んであるのが分かり、
いや~。。。ホントに美味しかった~!お赤飯の心使いも・・・。

a0111395_23494858.jpg


娘がケーキを焼いてきてお祝いしてくれました。孫達や娘達に囲まれて、幸せなひとときですemoticon-0152-heart.gif
a0111395_23502589.jpg

又、お宿の部屋にも内風呂があり、
朝には、鶯の声と共にゆったりと湯に浸かることが出来ました・・そして美味しい朝食。
a0111395_23201839.jpg

☆ 翌日は、孫が楽しみにしていた阿蘇山のトロッコ電車です。
a0111395_23192046.jpg

途中下車した南阿蘇村白川水源は、東北の震災の時に何万トンもの水がここから送られたそうです。
透明の水はとってもおいしくて冷たく感じました。

☆ 次の日は、私達夫婦は志賀島に滞在。
a0111395_2322170.jpg

国宝「漢委奴國王(かんのわのなのこくおう)」の金印が発見された島で、国民休暇村に宿泊。
休暇村の博物館ではそのレプリカを見たり、発電が研究されていました。
a0111395_23555883.jpg
a0111395_23224964.jpg
この島には、水族館や遊園地がありますが、春の盛り・・・フラワーミュウージアムの花を楽しみのんびりと過ごせました・・・。
a0111395_23233045.jpg
a0111395_23235014.jpg
a0111395_081987.jpg
a0111395_23241555.jpg

「屋根の無い花の美術館」がコンセプトだそうです。が手入れが行き届いて素晴らしい花公園でした・・。・

☆大阪に帰る前に娘宅に寄りました。

秋に誕生した孫(3人目)にきせられたそのキルトは幼稚園のママ友の方々からのプレゼント。

一針一針心を込められている手作り品を見せてもらいました。
育児の多忙な中、デザインを考えて下さり、
そして皆さん順番で作成して下さった手の込んだ品に心温まります。。emoticon-0139-bow.gif
⇊2人目の時に頂いたキルトです。
a0111395_1781835.jpg
a0111395_23263492.jpg

孫達の名前は、長女(●月)、二男(●陽)、三男(●惺)で、天体に由来して付けています。
⇊今回のお布団には、子供上2人の月、太陽、にプラス赤ちゃんの星をイメージして作って下さっています。
a0111395_1784490.jpg

生まれる前から、星を入れて作成されており、それを知らずに偶然にも悠惺(ひさと)と名付けたのが驚きですemoticon-0104-surprised.gif・・・
国際的に「こんにちわ」の文字も入り、将来国際人願望も・・・・
a0111395_23273280.jpg
a0111395_2327417.jpg

娘から電話で、返礼の相談があり、手作りの分かる方々だから、皮製品を作って欲しいとの事。
若い方々の好みも分かりませんが、カードケースなら、使ってもらえるかな~、
そして皮そのものの無地がいいかな~という事で、こんな感じに仕上げました・・・。
a0111395_23281634.jpg


遥か大阪を離れて九州で住む娘が良いお友達に囲まれて生活している事を大変嬉しく思い帰路に着きました・・・感謝、感謝です!!
[PR]

by bbamoree | 2012-05-31 09:30 | ♪旅行の世界 | Comments(6)
2012年 04月 20日
♪台湾旅行最終日、「忠烈祠」「故宮博物院」を訪れて・・(その6)♪
6日目、この台湾旅行も最終日になりました・・。
先ずは、★「忠烈祠(ちゅうれつし)」の見学
a0111395_1561580.jpg

辛亥革命、抗日戦争などで殉じた将兵、著名な政治家やSARSの治療で亡くなった医師など、
約33万人以上の英霊が祀られている祠で、台湾政府により管理されており、
入口の正門をくぐると大きな広場が広がり、さらに進むと山門があります。

交替で大門牌樓と大殿の守護を担当、毎時00分になると衛兵の交替式を見る事が出来ます。
ここを守る衛兵は陸軍、海軍、空軍から選び抜かれたエリート達ばかりだそうです。
昔、徴兵制度は2年又は3年とあり抽選でそれを決めていたそうですが、不満が出て全て1年となりました。
しかし徴兵制も廃止の方向へと進み、志願制へと変わる様です・・・。


★お待ちかね故宮博物院
世界一の中国美術工芸コレクションとして名高く、
フランスのルーブル、アメリカのメトロポリタン、ロシアのエルミタージュと並んで世界四大博物館の1つ。
a0111395_126409.jpg

およそ70万点近くの収蔵品があると言われていますが、常時展示品は、6000~8000点
特に有名な宝物数百点を除いては、3~6カ月おきに、展示品を入れ替えています。
館内は撮影禁止でした。で調べて見ました・・・。

◎見どころが多すぎる3階フロア・・中でもこの2つを見ずにして故宮を去るなかれ!と言う事で、
その一「肉形石」
a0111395_1303281.jpg

おいしそうな赤身と脂身の混じった「肉形石」は、「(豚の角煮)」にそっくり。
瑪瑙類の鉱物は、長い年月の中で異なる色が生成され一層ごとに違った色あいが現れます。
職人は、豊かな質感を持つ石材を加工し、磨いて表層面を染色。
その結果、皮、脂身、赤身肉がくっきりと分かれ、毛穴や肉の質感いずれも真に迫った作品に仕上がっています。

◎その二「翠玉白菜(すいぎょくはくさい)」
a0111395_1305124.jpg

天然の翡翠と玉の混ざり具合を巧みに利用した繊細な彫刻で、翠玉巧彫の最高傑作。
白菜の上にとまっている虫は、多産を象徴するキリギリスとイナゴ。
この作品は、紫禁城内の永和殿に安置されていたもので多産を願う瑾妃の嫁入り道具だったのではないかと推測されています。
白菜と昆虫は、吉祥を象徴する題材だったそうです。

それと、もう一つ
◎「彫象牙透花人物套球
a0111395_1312759.jpg
・・・・目が回りそうなくらい細かい作り。幾重にもなっていて、作り方が想像出来ません・・。

ツアーゆえ、ゆっくり鑑賞出来ませんでしたが、昔をしのび、名宝に触れる事が出来た貴重なひとときでした。


★台湾でのバラエティにとんだお食事
a0111395_1415245.jpg

お料理が回転台に乗り次から次へと展開され皆さん異口同音「まるで戦争みたい・・」
と必死に口にほうばる感じで、もっとゆっくり楽しみたかったと言うところでしょうか・・・。

★台湾での街並み
a0111395_1324958.jpg
・・・ベトナム程ではありませんが、バイクの多人数乗りOKで、信号塔には、時間が標され合理的だと感じました・・。
写真下は、オシャレな地下鉄乗り場です。

★最後に私達は、スタンダードクラスの旅を選んでいますが、ただお一人デラックスをチョイスされたそのホテル・・・
台北のランドマーク的存在中国建築様式「圓山大飯店
             ・
             ・
             ↓

観光バスは、そのホテルの立派なゲートをくぐると、夜景が庭内にまるで遊園地の様に照らし出され、
そして、翌朝のお出迎え時に見たそのホテルは威風堂々たる姿⇒まさしく宮殿!(@_@;)
アメリカの雑誌で、世界10大ホテルにも選ばれ、
大きなベランダから眺める景観は、自分が偉い人になったかの様な、
「台北を下に見下ろしてる!」っていう快感が得れれるんですって・・・。…。^^^^
a0111395_1384997.jpg


今回の旅は、皆さんとても元気の良い方々ばかりで、近場の旅でしたがとても充実し楽しく思い出一杯の旅でした・・。皆様アリガトぉ~♡
そしていつもの如く、マイダーリンに感謝デス!!
↑(しかしながら「圓山大飯店」に泊めてくれなかったんかシャクや~~~
↑何とケチな・・emoticon-0106-crying.gifそれやったら、へそくり出したのに・・・
(上げたり、下げたり・忙しいこっちゃ~~・)


皆さま、ブログ、長らくのお付き合い有難うございました。emoticon-0139-bow.gif
[PR]

by bbamoree | 2012-04-20 08:28 | ♪旅行の世界 | Comments(4)
2012年 04月 12日
♪台湾旅行(祝山ご来光、日月潭、文武廟、玄奘寺)を訪ねて・・♪
朝、3時半のモーニングコールで早起きし
祝山のご来光拝観・・・と寒い暗闇の中を車で駅に向いました。
駅に到着すると、どこから湧いたかと思うほどの人だらけ・・。emoticon-0104-surprised.gif
長蛇の列、満員電車に乗る感じです^^^。
a0111395_1182312.jpg

台湾人が初めて設計した高山鉄道の一つである
祝山線のご来光列車(早朝のみの運行で、沼平駅から祝山駅間)は、
毎日日の出の時刻に合わせて発車時刻を変更するそうです。

阿里山観光のハイライトともいえる祝山からのご来光の様子を「YouTube」にUPしてみました・・・。
中々、上手くご来光が見えない日もあるとか・・・ラッキー!!

(お時間のある方、お気持ちのある方はどうぞ、観てやって~~←変なお願いの仕方emoticon-0139-bow.gif


(写真中央をクリックすると、観れます)


朝の食事が早かったので昼食を期待して・・・。食事処の光景
a0111395_231554.jpg


★午後からの観光は、6時間バスに揺られてたどり着いた「 日月潭(ニチゲツタン)
台湾中央部に位置する最大の淡水湖であり、最も秀麗な高山湖です。

湖内にうかぶラル島を境に東側が太陽、西側が三日月に似ていることからこの名がつき、
山林に囲まれた豊かな水源により、重要な水力発電地帯となり、
台湾の心臓と呼ばれて産業発展の地となっています。
a0111395_202173.jpg

頂いたパンフレットの中にはこんな美しい情景描写が・・・

「幻境を訪ねての日月潭」
台湾で、輝く一個の真珠と言われ、朝夕には霧が立ち込め、仙境の趣を呈しそれは、時に渋いデッサンの様であり、淡い色彩の水彩であり、又大胆な筆使いの水墨であったりする。
清新で鏡の様な水面に、一枚の葉の様に浮かんだ小舟がしばし日常を忘れさせてくれるようだ。
春夏秋冬、黎明から落日迄、刻々と変化する緑と清水が織りなす美景に、虫たち、鳥たちの歌声が響き渡る。・・・日月潭の奏でる詩に酔いしれる旅人の背中。
暁を迎えた谷間に薄っすらとベールの様な霧が立ち込める。
旭日が昇ると同時に、湖畔の輪郭が鮮やかに浮かび上がり、切り立った山稜に鳥達が高く舞う。
夕日が沈むころ、湖面は真っ赤に染まる。
夜の帳がおりると、点々と漁火が灯り、波紋がきらきらと光る。・・・ホタルが乱舞し、旅の心を慰める。



★日月潭の湖畔南部の高台にある「玄奘寺」を見学。
a0111395_2121256.jpg


玄奘寺は1965年に創建された寺で、
西遊記でよく知られている玄奘大師(三蔵法師)の霊骨が祀られています。
 
★続いて、反対側湖畔北部にあり、観光のハイライトスポットであるシンボルの黄色い瓦が映える「文武廟」
a0111395_914672.jpg

1938年に建立され、1975年に再建された中、廟としては台湾で最大級のものと言われ、
廟は前殿、中殿、後殿の三殿様式になっており、
前殿は文廟で文の神である孔子が、中殿は武廟で武の神である岳飛や関羽が祀られています。

階段中央の龍の彫刻も見事!そして、天井や柱等も・・・。
a0111395_2101429.jpg

そして、石の彫刻にもその技法の素晴らしさ堪能できますemoticon-0132-envy.gif
a0111395_284220.jpg



★夕刻は、台湾高速鉄道(台湾新幹線)で台北へと戻ります。

ホテルの近くから見た、夜の「台北101ビル」の夜景を撮ってみました・・。

a0111395_9285278.jpg
高さ509mの世界有数の高層ビル、地上101階、地下5階からなり、名前はこれに由来。
世界の新名所が誕生し台湾の人たちにとって、自慢の一つとなりました。

近くには行けませんでしたが、先日のTVで、
このビルに仕掛けた「新年のカウントダウン」の花火の様子が写り、感嘆の声を上げた私です^^^emoticon-0104-surprised.gif

2万2千発の花火が打ち上げられましたが、日本では法律上禁止されている花火だそうです。
どんなんかな~?と思われる方は、
こちらへ

後、残す1日の旅となりました・・・続く・・・
[PR]

by bbamoree | 2012-04-12 08:41 | ♪旅行の世界 | Comments(6)
2012年 04月 08日
♪台湾旅行「赤嵌楼」と「延平郡王祠」の見学(その4)♪
寺廊、史跡が数多く点在し「台湾の京都」と称され、歴史的古都台南を訪れました・・・。
★まずは、赤嵌楼(せきかんろう)
a0111395_2314666.jpg
a0111395_2310127.jpg
a0111395_0102676.jpg


ここを語るに「鄭成功(ていせいこう)」を知っておく必要があり・・・・←記憶にございませんemoticon-0139-bow.gif

a0111395_22511249.jpg

a0111395_22523234.jpg




帰宅迄にきっちり覚えとくワ・・・・emoticon-0138-thinking.gif←やっぱり、私は、もの知らず(>_<)

ここ赤嵌楼(せきかんろう)は
台湾南部を占領していたオランダ人によって建てられた城で、
当時、プロデンシャ城と呼ばれていましたが、
鄭成功がオランダ人を駆逐した後、「承天府」という名に変わり、政治の中心になりました。
1862年に発生した地震で倒壊、史跡公園となり、
レンガ造りの石垣、鄭成功時代の文献が多数あり、、歴史を感じさせています・・・。
a0111395_2324162.jpg
a0111395_238597.jpg
a0111395_23501592.jpg


★その次の見学地は、延平郡王祠(えんぺいぐんおうし)
a0111395_0424835.jpg


台湾を占領していたオランダ人を追い出し、
漢民族の土地とした鄭成功の功績をたたえ、
1662年に38歳で死去したその年に、
民衆によって廟が建てられ、鄭成功が祀られました。
又、市民の憩いの場にもなっています。
a0111395_015429.jpg

午後からは、阿里山へ向かいます。途中のトイレ休憩で見かけた可愛い撞子達。
a0111395_0492224.jpg

★今日にお宿は、「阿里山賓館」名前は良いけど・・??ウムッ!

到着後、散策・・。
a0111395_050166.jpg


阿里山とは台湾最高峰の玉山(3952m)前衛の18の山々の総称で、阿里山鉄道でも有名。
ヒノキの原生林が広がり、雲海と夕景、御来光など
「阿里山に行かなければ台湾の美しさ、台湾の山岳の雄大さがわからない」と言われる程。
台湾では避暑地としても人気が高い。

夕暮れを楽しんで・・・・。
a0111395_025366.jpg
明日は、早朝のご来光拝見へ・・・。
続く・・・
[PR]

by bbamoree | 2012-04-08 00:57 | ♪旅行の世界 | Comments(5)
2012年 04月 05日
♪台湾3日目:ガランピ岬と高雄へ(その3)!♪
台湾には100箇所ぐらいの温泉地があるそうですが、
リゾート地として開発されている温泉は10箇所程。
昨晩の宿泊は、その中でも代表格の高級スパリゾート「知本老爺大酒店」・・お料理といい、庭周りの手入れと言い・・・
アジア圏を旅行する時はちょっとはずんでねと言う意味が分かる・・emoticon-0144-nod.gif

a0111395_1339658.jpg


a0111395_044496.jpg


★ホテルを出て、バスは最南端・バシー海峡に臨むガランピ(鵞鑾鼻)岬へ・・・。
a0111395_071971.jpg

a0111395_1293749.jpg

★お昼からは、台湾南部に位置する台湾第二の都市高雄

先ずは、澄清湖(チョウセイコ)を散策。
高雄に工業用水や飲料水を供給するために整備された人造湖で
景観が美しいことから「台湾の西湖」と呼ばれ、特定風景区に指定されています。
a0111395_0191074.jpg

九曲橋には、悪魔はまっすぐにしか歩けないという言い伝えから、
魔よけのために9つの橋がジグザグに架けられています。
対岸には高層マンション群が林立しています。

高雄市の少しはずれ「蓮池潭」は左營区内最大の池で、いくつかの中国らしい独特な建物が湖面に映り、神秘的な絶景を作り出しています。
その中にある★「龍虎塔(ロンフウター)」
a0111395_1374780.jpg

台湾では龍は最も善良な動物、虎は最も凶暴な動物とされており、
龍の口から入り、虎の口から出てくることにより、
自分のこれまでの悪戯が清められ、出てきた時には気分もすっきり
更には災いも消えて無なると言ういわれがあります。
外観は生き生きと躍動感にあふれ、
塔内には、孝行息子達の物語や閻魔大王の地獄の審判の壁画等が所狭しと描かれています。

★途中沿道で幾度も見かけた艷紫荊(香港櫻花)は香港オーキッドツリーの仲間のようです。
a0111395_141619.jpg

★お土産店で見かけた素晴らしい木の彫刻物です・・・
a0111395_125116.jpg


★夕食後は六合二路通りで、屋台が出る六合二路夜市を散策しました・・・
emoticon-0142-happy.gif夕食後なので、お腹一杯、雰囲気だけを感じてきました~~~^^^。。。
(6場面変ります)


a0111395_2038461.gif




続く・・・・・。
[PR]

by bbamoree | 2012-04-05 08:12 | ♪旅行の世界 | Comments(2)
2012年 04月 02日
♪台湾旅行(その2)タロコ渓谷と北回帰線標塔へ♪
2日目は、台湾八景のひとつ世界でも珍しい大理石の大峡谷、太魯閣国立公園(タロコ)を観光・・・。
a0111395_23313539.jpg


太魯閣国立公園は台湾中部、花蓮県の山部にあり、
南北に約38Km、東西に約41Km、総面積は9万2000ヘクタール花蓮県を流れる立霧渓が大理石を侵食して形成、
昔のタイヤル族の長の名を取ってタロコ、中国語で太魯閣と呼んでいます。
a0111395_23353734.jpg


その雄大な姿はやはり日本では見ることが出来ないスケールの大きさで、
自然の織りなす光景にすっかり魅了されました・・・emoticon-0115-inlove.gif

気軽に太魯閣を観光出来る様になったのも
「東西横貫公路」があるからでこの工事中に212名の方々が亡くなりました。
この方々の霊を弔うため1958年に長春祠が建てられています。
a0111395_23362861.jpg

土砂崩れの危険があるため必ずヘルメッとをかぶります。

途中、「燕子口」と書かれた大きな石標がありました。
a0111395_23402897.jpg

春や夏に多くのツバメがここに渡って来て渓谷を飛び回り
ここに生殖するヒメアマツバメやイワツバメが多くいるので、この名前が付いたと言われています。
ここには大きさの異なる穴が多く見られますが、これはツバメが作ったのでしょうか??
でもツバメが大理石を削るほど強いくちばしをもっているとは考えにくいですよね。
正解はその昔、水流で流れた石が川床にあたり長年の歳月をかけて穴になったそうです。

その後、ツアー恒例の民芸店での買い物・・・お店中には大理石で作られた立派な品々を見る事が出来ました。
a0111395_2346229.jpg
a0111395_9242340.jpg

光を入れると又違った表情を見せます。
a0111395_9253832.jpg

私が革工芸をする時にも大理石を使用しますが、
硬い石を細かく作業して作るワザはやはり専門家と言えども凄い!の一言です。
購入はままならず、お土産につまようじ入れで我慢^^^^。

続いて、北回帰線標塔
a0111395_23474338.jpg

台湾は、台湾海峡側にある嘉義と東部(太平洋側)の静浦を横断するように
北回帰線(太陽が垂直に北半球を照らす場所)が通っていて、
この北回帰線を境にして北側は亜熱帯、南側は熱帯の気候となります。
a0111395_974350.png



今日のお宿は、知本温泉。
日本式の露天風呂やSPAがあり疲れを癒すのにもってこい・・・。

そして、夜には、先住民族の踊りがあり、若いエネルギッシュな踊りを堪能しました~~~
a0111395_23522436.jpg

ちなみに、今日の夕食は、バイキングでした。
a0111395_035591.jpg


a0111395_029506.jpg

続く・・・・
[PR]

by bbamoree | 2012-04-02 11:25 | ♪旅行の世界 | Comments(2)
2012年 04月 02日
♪初めての台湾旅行6日間(その1、龍山寺)♪
肌寒い日本から3時間余り・・・
そこには熱帯の植物が咲き乱れ・・・・
花粉症も無い台湾へと逃げて行きました~~~emoticon-0105-wink.gif
a0111395_0123082.jpg


a0111395_0135973.jpg


九州より少し小さい面積で、
1年の平均気温は22℃、でも3000m級の山が280個もあり、寒暖の差も激しいとか・・・
時差もあまり無く(日本より1時間遅れ)、物価も安く気楽に生活出来そう・・・

台北着後の観光は、

龍山寺
台北で最も古いお寺で、仏様、観音様、台湾の神様「媽祖」などあらゆる神様が祀られていているマルチテンプル。
a0111395_0143134.jpg

屋根の部分は陶器で作られ、台湾に数ある道教のお寺は華美な装飾で驚きです。
a0111395_944222.jpg
第二次世界大戦のとき、一度空襲に見舞われ、お寺全体が焼けてしまったのにかかわらず、
観音菩薩だけは、傷一つつけず無事だったと言われているほど、
霊験あらたかな御本尊のため、毎日朝から晩まで、参拝客の線香が絶えません。
a0111395_9452963.jpg

270年という年月をかけ、神様が一堂に会する「神様・お祈りごとのデパート」なんですよ!
a0111395_034484.jpg

★花蓮へ(列車移動)
明日に続く・・・・お付き合いよろしく!
[PR]

by bbamoree | 2012-04-02 00:36 | ♪旅行の世界 | Comments(4)
2012年 03月 25日
♪桜の花見と手作り革ポシェット♪
ほっと一息つける一週間の終わり・・・。
お気に入りに包まれて楽しい出来事がたくさんありますように・・・。

☆*:・°★:*:・° Please have a good time!☆*:・°★:*:・°

a0111395_9475633.jpg



一足お先に桜の花を愛でてきました~~♪emoticon-0115-inlove.gif
さてどこの国でしょう?
今週も又旅に出かけます。
ブログUPはその後に・・・。

*☆*:;;;:*☆*:;;; 革との語らい :;;;:*☆*:;;;:

昔、ねじり編んだ革をデザインし染めて捨ててあったのが、
たまたま残り皮にぴったりの色・・・
少ししか無くて、ポシェットになりました~~
廃材利用デス・・・
 

    ★★ポシェット:Leather craft ★★

a0111395_8573413.jpg

[PR]

by bbamoree | 2012-03-25 09:53 | ♪旅行の世界 | Comments(4)