タグ:食事 ( 64 ) タグの人気記事

2012年 04月 20日
♪台湾旅行最終日、「忠烈祠」「故宮博物院」を訪れて・・(その6)♪
6日目、この台湾旅行も最終日になりました・・。
先ずは、★「忠烈祠(ちゅうれつし)」の見学
a0111395_1561580.jpg

辛亥革命、抗日戦争などで殉じた将兵、著名な政治家やSARSの治療で亡くなった医師など、
約33万人以上の英霊が祀られている祠で、台湾政府により管理されており、
入口の正門をくぐると大きな広場が広がり、さらに進むと山門があります。

交替で大門牌樓と大殿の守護を担当、毎時00分になると衛兵の交替式を見る事が出来ます。
ここを守る衛兵は陸軍、海軍、空軍から選び抜かれたエリート達ばかりだそうです。
昔、徴兵制度は2年又は3年とあり抽選でそれを決めていたそうですが、不満が出て全て1年となりました。
しかし徴兵制も廃止の方向へと進み、志願制へと変わる様です・・・。


★お待ちかね故宮博物院
世界一の中国美術工芸コレクションとして名高く、
フランスのルーブル、アメリカのメトロポリタン、ロシアのエルミタージュと並んで世界四大博物館の1つ。
a0111395_126409.jpg

およそ70万点近くの収蔵品があると言われていますが、常時展示品は、6000~8000点
特に有名な宝物数百点を除いては、3~6カ月おきに、展示品を入れ替えています。
館内は撮影禁止でした。で調べて見ました・・・。

◎見どころが多すぎる3階フロア・・中でもこの2つを見ずにして故宮を去るなかれ!と言う事で、
その一「肉形石」
a0111395_1303281.jpg

おいしそうな赤身と脂身の混じった「肉形石」は、「(豚の角煮)」にそっくり。
瑪瑙類の鉱物は、長い年月の中で異なる色が生成され一層ごとに違った色あいが現れます。
職人は、豊かな質感を持つ石材を加工し、磨いて表層面を染色。
その結果、皮、脂身、赤身肉がくっきりと分かれ、毛穴や肉の質感いずれも真に迫った作品に仕上がっています。

◎その二「翠玉白菜(すいぎょくはくさい)」
a0111395_1305124.jpg

天然の翡翠と玉の混ざり具合を巧みに利用した繊細な彫刻で、翠玉巧彫の最高傑作。
白菜の上にとまっている虫は、多産を象徴するキリギリスとイナゴ。
この作品は、紫禁城内の永和殿に安置されていたもので多産を願う瑾妃の嫁入り道具だったのではないかと推測されています。
白菜と昆虫は、吉祥を象徴する題材だったそうです。

それと、もう一つ
◎「彫象牙透花人物套球
a0111395_1312759.jpg
・・・・目が回りそうなくらい細かい作り。幾重にもなっていて、作り方が想像出来ません・・。

ツアーゆえ、ゆっくり鑑賞出来ませんでしたが、昔をしのび、名宝に触れる事が出来た貴重なひとときでした。


★台湾でのバラエティにとんだお食事
a0111395_1415245.jpg

お料理が回転台に乗り次から次へと展開され皆さん異口同音「まるで戦争みたい・・」
と必死に口にほうばる感じで、もっとゆっくり楽しみたかったと言うところでしょうか・・・。

★台湾での街並み
a0111395_1324958.jpg
・・・ベトナム程ではありませんが、バイクの多人数乗りOKで、信号塔には、時間が標され合理的だと感じました・・。
写真下は、オシャレな地下鉄乗り場です。

★最後に私達は、スタンダードクラスの旅を選んでいますが、ただお一人デラックスをチョイスされたそのホテル・・・
台北のランドマーク的存在中国建築様式「圓山大飯店
             ・
             ・
             ↓

観光バスは、そのホテルの立派なゲートをくぐると、夜景が庭内にまるで遊園地の様に照らし出され、
そして、翌朝のお出迎え時に見たそのホテルは威風堂々たる姿⇒まさしく宮殿!(@_@;)
アメリカの雑誌で、世界10大ホテルにも選ばれ、
大きなベランダから眺める景観は、自分が偉い人になったかの様な、
「台北を下に見下ろしてる!」っていう快感が得れれるんですって・・・。…。^^^^
a0111395_1384997.jpg


今回の旅は、皆さんとても元気の良い方々ばかりで、近場の旅でしたがとても充実し楽しく思い出一杯の旅でした・・。皆様アリガトぉ~♡
そしていつもの如く、マイダーリンに感謝デス!!
↑(しかしながら「圓山大飯店」に泊めてくれなかったんかシャクや~~~
↑何とケチな・・007.gifそれやったら、へそくり出したのに・・・
(上げたり、下げたり・忙しいこっちゃ~~・)


皆さま、ブログ、長らくのお付き合い有難うございました。040.gif
[PR]

by bbamoree | 2012-04-20 08:28 | ♪旅行の世界 | Comments(4)
2012年 04月 02日
♪台湾旅行(その2)タロコ渓谷と北回帰線標塔へ♪
2日目は、台湾八景のひとつ世界でも珍しい大理石の大峡谷、太魯閣国立公園(タロコ)を観光・・・。
a0111395_23313539.jpg


太魯閣国立公園は台湾中部、花蓮県の山部にあり、
南北に約38Km、東西に約41Km、総面積は9万2000ヘクタール花蓮県を流れる立霧渓が大理石を侵食して形成、
昔のタイヤル族の長の名を取ってタロコ、中国語で太魯閣と呼んでいます。
a0111395_23353734.jpg


その雄大な姿はやはり日本では見ることが出来ないスケールの大きさで、
自然の織りなす光景にすっかり魅了されました・・・016.gif

気軽に太魯閣を観光出来る様になったのも
「東西横貫公路」があるからでこの工事中に212名の方々が亡くなりました。
この方々の霊を弔うため1958年に長春祠が建てられています。
a0111395_23362861.jpg

土砂崩れの危険があるため必ずヘルメッとをかぶります。

途中、「燕子口」と書かれた大きな石標がありました。
a0111395_23402897.jpg

春や夏に多くのツバメがここに渡って来て渓谷を飛び回り
ここに生殖するヒメアマツバメやイワツバメが多くいるので、この名前が付いたと言われています。
ここには大きさの異なる穴が多く見られますが、これはツバメが作ったのでしょうか??
でもツバメが大理石を削るほど強いくちばしをもっているとは考えにくいですよね。
正解はその昔、水流で流れた石が川床にあたり長年の歳月をかけて穴になったそうです。

その後、ツアー恒例の民芸店での買い物・・・お店中には大理石で作られた立派な品々を見る事が出来ました。
a0111395_2346229.jpg
a0111395_9242340.jpg

光を入れると又違った表情を見せます。
a0111395_9253832.jpg

私が革工芸をする時にも大理石を使用しますが、
硬い石を細かく作業して作るワザはやはり専門家と言えども凄い!の一言です。
購入はままならず、お土産につまようじ入れで我慢^^^^。

続いて、北回帰線標塔
a0111395_23474338.jpg

台湾は、台湾海峡側にある嘉義と東部(太平洋側)の静浦を横断するように
北回帰線(太陽が垂直に北半球を照らす場所)が通っていて、
この北回帰線を境にして北側は亜熱帯、南側は熱帯の気候となります。
a0111395_974350.png



今日のお宿は、知本温泉。
日本式の露天風呂やSPAがあり疲れを癒すのにもってこい・・・。

そして、夜には、先住民族の踊りがあり、若いエネルギッシュな踊りを堪能しました~~~
a0111395_23522436.jpg

ちなみに、今日の夕食は、バイキングでした。
a0111395_035591.jpg


a0111395_029506.jpg

続く・・・・
[PR]

by bbamoree | 2012-04-02 11:25 | ♪旅行の世界 | Comments(2)
2012年 03月 10日
♪竹島弁財天と三河食べ歩きツアーの日帰り旅行♪
竹島弁財天と三河食べ歩きツアーに出かけてきました。
あるお掃除用品を購入してそのツアーを無料get!

一人旅、そしてタダが魅力的!
それに、一番前のバス席、ご一緒した隣の方もとても良い方で、
初対面と言うものの、一日中おしゃべりしてました037.gif
a0111395_2241215.jpg


竹島は初めてで、蒲郡を象徴する周囲620メートルの小島。
国の天然記念物に指定 されていて、 桟橋を渡り神社境内へと続く:::。
橋下の水は透き通っていて、鳥達が楽しく遊び・・その光景を見るだけで心癒される。
a0111395_22423857.jpg

神社にお参りする時に打つ柏手は、
右左あわせるのはふしを合わせるで不幸せになるそうです。
で、少しずらして手をあわせるのが正式との事です。
a0111395_2244587.jpg

★お食事は、オレンジパークで「釜揚げしらす御膳」を頂きましたが、シラスがとても新鮮で美味しくて016.gif
a0111395_2246923.jpg

その後、待望のイチゴ食べ放題・・春を告げる真っ赤な色、お腹一杯・・・これは食事とは別腹ダ・・・。
a0111395_22453572.jpg
a0111395_22455299.jpg

海老せん屋さんや、さかな屋さんにて買い物をし、最後は、企画社のメインのジュエリー店へ、
90分の買い物には参ったけれど、これも辛抱、シンボウ・・・

このお店のデザインは賞をもらっていて、写真OKとの事。
ため息のジュエリーを堪能した1日でした~~。
a0111395_22463656.jpg
a0111395_22464381.jpg

[PR]

by bbamoree | 2012-03-10 22:59 | ♪旅行の世界 | Comments(6)
2012年 03月 03日
♪レザークラフト公民館レッスンのお食事会は今流行りのワンプレートのランチ♪
平成元年から公民館で指導させて頂いてもう23年・・・白髪や、シワが目立って当たり前やナ~!!
で、今年度も食事会にご招待して下さいました・・・。
河内長野市南花台公民館隣の「GAGA」でランチを頂きました・・・。
a0111395_2334996.jpg


a0111395_23342050.jpg

今流行りのワンプレートです。そして別のお皿にも~~美味しそう~~043.gif
a0111395_1011447.jpg


a0111395_10195718.jpg


お腹が一杯になった所で、Coffee Time・・・・・・
a0111395_0124877.jpg


豆引き機や、ケーキもあり、お茶タイムも本格的・・。
a0111395_2346714.jpg

隣にありながら、今回食事は初めて・・・。

レザークラフトを生涯の趣味として選んで、
その間のさまざまな出来事と共に最終的に今は生きがいとなり、それに接する事が出来るひとときが与えられていることをとても有難く思う昨今です。
でなければ、いつもテレビのお守をしていたであろう・・そんな怠け者の私です・・・。

我が家の沢山の作品を眺めていると
若い時は良く頑張って作ったな~と我ながら感心するのです(自画自賛)

作品が自分史であり、これらがたとえ、捨てられていく運命にあっても、
何もしない人生なんてつまらないと思う私です・・・。

革の鞄を素人が作れる・・・
売っていない大きなインテリアの数々を自分で作る・・・
そして、時には販売も兼ねてこずかい稼ぎ・・(笑)

と言う素材の面白さ、難しさと格闘しながらの年月・・・


そして、私を支えて下さった生徒の皆さんに感謝、感謝です。
生徒さんがいなければ、先生は成り立ちませんから・・・。

未熟な教え方ですが、少しでもこの世界に浸ってもらえれば嬉しいです・・・・

:::::::::::::::::::合掌040.gif::::::::::::::::::::::
[PR]

by bbamoree | 2012-03-03 00:22 | ♪料理の世界 | Comments(2)
2011年 11月 12日
♪楽しいニュージーの会の集まり(松花堂庭園の散策)♪
久々のニュージーの会の集まりです。Tさんの企画で今回は、京都八幡市松花堂庭園を案内して頂きました。
a0111395_15354100.jpg

「松花堂・・・」何やら、聞いた事ある言葉?・・・それは松花堂弁当のソレ!
庭園傍、「吉兆」で食した松花堂弁当
a0111395_15354212.jpg
そのいわれをば・・・。
明治維新迄、石清水八幡宮の境内には60近い寺があり、
その社僧の松花堂昭乗は風雅を愛で、幾多の優れた作品を今に伝えています。
特に書は、書の手本として命脈を保ち、画は当代随一と高い評価を得、
茶の湯にも通じ、茶道具類は「八幡名物」として、今も珍重されています。
そして農家が作物の種入れなどに使っていた田の字の形に仕切った物入れ(箱)を
絵の具箱、茶会のたばこ盆等として利用していました。
昭和の初め、料亭「吉兆 」の創始者が八幡を訪れた際、その四つ切箱を見て、
試行錯誤のうえ懐石料理を盛り付け、
「松花堂弁当」として世に広めたのがの始まりだそうです。

又、庭園内には沢山の種類の竹があり、その竹が、トーマス・エジソンの白熱電球の発明に使われたそうです・・・・・・知らない私←(恥ずかし~)・・
a0111395_15364767.jpg

昔の方々の並みではない発想は、世界各国にその恩恵をもたらした事を想うと発祥の地の誇りと歴史のロマンが感じられます・・・。

★京都府の歴史的自然環境保全地域に指定されており
山頂にある展望台からの眺望がすばらしいとの事で、
男山ケーブルに乗りました。
a0111395_15163138.jpg

紅葉の季節は美しいでしょうね・・・。

★その後、木津川に架かる「流れ橋(上津屋橋)」を案内して下さいました・・。
a0111395_15172916.jpg

日本最長級の木造の橋で全長356.5m、幅3.3m。
川の水位が橋板に達すると橋脚を残し、橋板のみが流れ、
水が引けばワイヤーロープにつながれた橋板を手繰り寄せ、再び橋脚に乗せる仕組み。
木津川の自然にとけ込み、時代劇によく登場する光景・・。

河川敷に広がる茶畑と相まって、とても風情がありました・・。

★その後、京都に住むTさんのお宅拝見・・・。
奥様が丹精込めて種をまいて作られた庭の美しさに感嘆!
1年草で飾りたいと願うその心生きは凄いものです。恐れ入ります・・・。
そしてその言葉を裏切らない苗達は元気に彩ってくれています。
何度見ていても飽きない庭園です。そして、何より嬉しい桜草の苗のお土産まで用意して下さいました。
a0111395_15243257.jpg

いつも、変わらぬ交流を持つ事が出来、
そして私の事を「ミヨさん]と親しく呼んで下さる事に私は本当に郷愁を感じるのです(身内に呼ばれている様な・・・)・・・そんな秋の1日でした・・・。
こんな仲間達も珍しい・・・と知人は言います。
ホント、心いきが通う仲間達(3家族)に感謝です040.gif
[PR]

by bbamoree | 2011-11-12 16:53 | ♪お花の世界 | Comments(6)
2011年 10月 25日
♪ワインとお食事タイム♪
ヒルトンウエストプラザでのランチ・・・。
B2の「N.R]・・・美食と健康をテーマにしたカジュアルなフレンチレストラン。
全国の農家より取り寄せた旬の有機野菜と世界各国のこだわり食材。
そしてスパイスやハーブなどバラエティに富んだ素材をフレンチの技法とシェフの感性で、より美味しく!よりヘルシーに!! 食器はレイノーを使っています。

との事で娘と久しぶりに楽しいひととき・・・。
しかしながら、驚いたのは地下に降り立ったその瞬間・・・。
ワインの行列・・・。なんだ~コリャ~まいった~~~!
a0111395_0221814.jpg

a0111395_02255100.jpg
Non step!の文字・・・
a0111395_0231319.jpg
一体、何本、おネンネ・・・もう完全に酔っぱらった気分・・・

その背後には階段状の観葉植物が飾られ、逆後ろにはお花の列挙・・・。
a0111395_0533194.jpg

ステキ過ぎる空間演出ダ!       そして、花壇の演出も・・・。
a0111395_0275997.jpg

そうそう、肝心のレストランの看板はコンなん・・・。床にひれ伏していたワインが眼の前に立っていますワ・・・。
a0111395_03031100.jpg
出てきたお料理・・・
a0111395_0371013.jpg


a0111395_0373068.jpg

まこと、オッシャレ!
a0111395_0381557.jpg


a0111395_0525038.jpg


a0111395_0384890.jpg
価格は¥1800~2700位です。
[PR]

by bbamoree | 2011-10-25 01:08 | ♪料理の世界 | Comments(4)
2011年 09月 18日
♪コッツウォルズ地方への旅(その4)♪
ロンドンから、西約200㎞のコッツウォルズへと旅します・・・
途中、イングランドで最も中世の面影を残した木組みの家並み(ロウズ)
が美しいチェスターの街に立ち寄りました。色々なお店があり買い物が出来ます。
a0111395_10193289.jpg

又、この街は城壁で囲まれ、四つの門がありその上を人が通れるようになっていて
東のイーストゲートの時計は有名。城壁はローマ時代から存在しています。
a0111395_10213016.jpg

★市庁舎です・・花が飾られて・・・
a0111395_10215919.jpg


バスは、一路ブロード・ウェイへ・・・
そして今夜のお宿は、マナーハウス・・・
敷地内には、テニスのコート(古ぼけた007.gif)もありました。
私達の泊ったホテルは、古くからの旅籠だそうですが、
ダイニングルームはとても素敵で、格調高くて、クラッシックの音楽が流れていてゆったりと優雅にすごせました(^_-)-☆
a0111395_10251157.jpg


a0111395_10253650.jpg
ゲストをもてなす細やかな心使いが嬉しいホテルです。ナプキンのたたみ方が素敵なので、教えて頂きました~~。043.gif

この街は、とってもこじんまりして到着してから何故かしら気に入って感じで、
朝早く散歩をして過ごすこんなのんきなひととき・・・・。時間よ、とまれ!・・・・
a0111395_10283937.jpg
a0111395_10285790.jpg

翌日は、緑の丘陵地帯が続き、昔ながらの英国田園風景が残るコッツウォルズの中心地へ・・
「コッツウォルズ」とは、「羊の丘」を意味し、かって羊毛産業で栄えた丘陵地帯。
後の産業革命により町や村は衰退しましたが・・・。
コッツウォルズにも沢山のフットパス(草原、田園に造られたウォーキング用の小道)があります。。。

★村の一番の見所は、14世紀の家並みがそのまま残されたバイブリーのアーリントン・ロウ
a0111395_10334879.jpg

はちみつ色をしている石造りの家並みはこの地方独特で、ライムストーン(石灰岩)で造られ、
長い年月を経た自然の色を放ち、この石が異なる色と表情を見せてくれています。。。
それらは、建て替えられる事無くナショナルトラストに管理されて、文化遺産となっています。

バイブリー地方は、
工芸芸術家、ウィリアム・モリスが、「イングランドで最も美しい村」と称えています。
モリスの壁紙の図案、色合いはとてもセンスがあり、皮工芸の作品を作る時のヒントになっています・・・

ボートン・オン・ザ・ウォーターへ・・・
川にかかる石橋が印象的で、その水辺の美しさから「、リトル・ベニス」とも呼ばれています。
a0111395_10582060.jpg
a0111395_10473354.jpg


途中で見かけた私邸のお庭の光景・・・
a0111395_10325530.jpg



★その後、ソールズベリ近郊にある世界遺産ストーン・ヘンジへ・・
a0111395_0264019.jpg

ストーンヘンジ自体は英国の国家遺産として保有・管理されていて
耳に当てて聞く解説機も日本語版、そしてパンフも日本語があり、相当数日本人が訪れていると思われます。
ストーンヘンジは、環状列石で出来ていて、
直径約110メートルの溝の内側に、巨石柱が四重の環状に並んでいます。
紀元前二千年頃の太陽崇拝関係の遺構と推定されていますが、
色々な説があり、「英国の不思議」とされています・・・。
ただでさえ異様な巨石がきれいなサークル状に並べられ、
石の上に巨大な石がのっかっているものもあり、とても人の手によるものだとは思えない・・・。
ホント、こんな広い所、こんな重い物どの様にして運んだの?と疑問をなげかけずにはいられません。。。
[PR]

by bbamoree | 2011-09-18 10:40 | ♪旅行の世界 | Comments(4)
2011年 08月 04日
♪福岡の旅と夏休み♪
九州福岡の娘の所へ・・・。。。。。
「キャナルシティ博多」の名物、夏休み限定の体感型噴水ショー ダンシング・ウォーターがあると言う事で、孫を連れて出かけました。『見て楽しい』+『水を浴びて楽しい』そんな言葉通り、孫はおおはしゃぎでした。
a0111395_032918.jpg

福岡の街はオシャレなお店も多々あり、そんな光景を写真に収めてきました・・・・。
建物も斬新で、自然の木々があちこちに・・・。
a0111395_034446.jpg
センスの良い雑貨があちこちに・・・!
a0111395_0505217.jpg
a0111395_037577.jpg

石鹸をケーキ仕立てにして、とってもかわいい~~~!
a0111395_0372557.jpg

2階のフロアにはローラアシュレイのお店や自然化粧品のアスカがありました・・・。
そして栗原はるみさんのレストランも・・・。
a0111395_0375189.jpg


娘と待ち合わせて、お昼の食事・・・。
偶然にも44年3つ星のレストランを保っているフランス料理店のチェーン店「ブラッスリーポール・ボキューズ博多」で、ゆっくりと過ごす事が出来ました。リヨンに本店を持つ料理人ポール・ボキューズ氏のモットーは、「気兼ねなく友と食事をする時、人生最大の喜びを感じる」・・・とそれを大切に店内は素敵な雰囲気でした・・
a0111395_0384545.jpg
a0111395_039753.jpg
a0111395_1133054.jpg
お料理はこんな感じ・・・。
a0111395_0595067.jpg

a0111395_0405995.jpg

デザートには、coffee potも・・・。
a0111395_041182.jpg


いつもながら、娘夫婦は、温泉に連れて行ってくれます。
今回は時間が無かったので、近場の那珂川町の「清滝」で、数々のお風呂を楽しみました・・・。
a0111395_042697.jpg


九州名物ラーメンも勿論、今回も食べてきました・・。
a0111395_0423874.jpg

味集中カウンターは、目の前と隣席を仕切り、一席一席が区切られていて、
周りを気にしないで、舌のみに集中するのがこだわりとか・・・・。
とっても美味で、替玉を頂戴しました・・。
夏の暑い最中、こんな楽しみがあり幸せなひとときで~~す001.gif
[PR]

by bbamoree | 2011-08-04 01:22 | ♪料理の世界 | Comments(5)
2011年 06月 28日
♪久方振りの我が家での楽しいお食事会♪
なかなかお誘いしても、皆さんのご都合を合わせるのが大変・・・。
でも女○人寄ったら、カシマシイとは良く言ったもので、賑やかな事、にぎやかな事・・・。
我が家ならゆっくりとして頂けるのではと思い、つたないお料理で歓迎・・。
a0111395_2321268.jpg

[PR]

by bbamoree | 2011-06-28 00:33 | ♪料理の世界 | Comments(4)
2011年 05月 21日
♪山陰海岸ジオパークへ1泊旅行♪
5月は、私達夫婦の誕生月・・・
今回は、2人で1泊旅行と言う事で、京都の竹野海岸方面に出かけてきました058.gif
いつもの如く、前夜遅くに行き先の見学所をPCで検索。本当にこの機械はオリコウサン・・・。

丁度、この時期バラが美しいのでは?と
先ずは伊丹市荒牧バラ園へ。
a0111395_16332339.jpg
a0111395_16334393.jpg

満開を迎えてのこのバラ園には、園内に平和モニュメント広場があり、
自由、平等、人類愛を象徴とする3本の柱を中心に、
渦巻き状に掘り込んだ広場が無限の宇宙を表現しています。

世界のバラ250種類1万本以上のバラが展示され、
階段状にレンガやブロックで花壇を形成、立体的な南欧風のイメージを創り出しています。
入園料もナシで、その管理の素晴らしさを感じました・・・。
a0111395_16482269.jpg


☆一路、豊岡に向かい「かばんの館」を見学。
以前から、気になっていた地域ですが、期待はずれ・・・。

☆そして、ゆっくりと時が流れる広々とした平野を過ぎ、大空を舞うコウノトリ郷公園に到着。
a0111395_16361872.jpg


昭和46年に日本の空から特別天然記念物コウノトリの姿が消え、
最後の生息地豊岡で人口飼育が始まりました。
人里近くで野生復帰させるこの土地の取り組みは、世界でも稀な例とされています。

 ☆今日のお宿は、竹野海岸の休暇村
夏なら、シュノーケルも出来る海岸線を散歩し、夕食は、海の幸を頂きました。

a0111395_16371811.jpg


この地域は、山陰海岸ジオパークと呼ばれ、世界認定されています。

山陰海岸の多様な地形・地質、そこで育まれたコウノトリの野生復帰など、
山陰海岸の持つ多彩な魅力はもとより、
地元の皆さんの自然保護、環境保全の理解や協力が、高く評価されたそうです。

かって、日本列島は、大陸の一部でしたが、
2000万年前頃に大陸から分かれ日本海が出来初め、
現在に至る迄の様々な地質や地形が残されています。

天然記念物の「玄武洞」を観光。
a0111395_16384715.jpg
a0111395_16385828.jpg
a0111395_16391726.jpg
a0111395_16394242.jpg


帰り道、大町藤公園の藤が満開で、その姿と藤の良い香りを堪能してきました・・・・。
a0111395_16405073.jpg
a0111395_164125.jpg
a0111395_16411481.jpg
a0111395_16412380.jpg
a0111395_16413234.jpg

山陰随一の規模を誇り、花房が145㎝にもなり、
幽玄な空間を作り出していて、訪れる人々を楽しませてくれていました。056.gif
[PR]

by bbamoree | 2011-05-21 17:03 | ♪旅行の世界 | Comments(9)